ARTA鈴木亜久里監督、福住仁嶺への期待大「トップクラスの才能を持つドライバー」

シェア
コメント
ARTA鈴木亜久里監督、福住仁嶺への期待大「トップクラスの才能を持つドライバー」
執筆:
2019/01/21 8:56

ARTAの鈴木亜久里総監督は、今年55号車のドライバーとして新加入した福住仁嶺に大きな期待を寄せている。

 今シーズンはNSX GT3でGT300クラスを戦うARTA。代表である鈴木亜久里総監督は新加入の福住仁嶺の活躍を楽しみにしていると語った。

 福住は2015年に全日本F3選手権でランキング3位に入ると、2016年から拠点をヨーロッパに移し、2シーズンにわたってGP3に参戦。2017年に2勝を挙げる活躍を見せた。

 昨年はFIA F2にフル参戦する一方で、スーパーフォーミュラにも4レースエントリーしたが、両カテゴリーとも思うような結果を残すことができなかった。

 2019年は日本に腰を据えてレースに参戦することになり、スーパーフォーミュラに加えてスーパーGT(GT300クラス)にも参戦することになった。

 その福住を、鈴木総監督は高く評価しており、将来的にはさらに上のカテゴリーへのステップアップを期待しているようだ。

「彼は本当に日本でトップクラスの才能を持っているドライバーです。その才能を見たら、ビックリしますよ」

「まぁ、言ってみれば……GT300は将来ステップアップしていくための、ある意味練習のカテゴリーだと思えばいいし、その中でかなりハイレベルなレースをしてくれると思います」

「彼のことを、楽しみにしていてください。きっと日本を代表するドライバーになっていくと思います」

 福住は、フォーミュラカーでのレース経験はある一方で、スーパーGTのようなツーリングカーでのレース経験がない。2015年に55号車ARTA CR-Z GTの第3ドライバーとして鈴鹿1000kmにエントリーしたものの、レースで走る機会はなかった。

 それでも鈴木総監督は全く心配していないという。

「(福住がツーリングカーの経験がほとんどないことについて)全然関係ないです。何回か乗れば(感覚を掴んで)一気にいきますよ。全然心配していないです」

 パートナーを組む高木真一と、どのような走りを披露するのか。非常に楽しみである。

 その福住が乗り込む55号車は、今年BMW GT3からホンダNSX GT3へスイッチ。こちらのマシンパフォーマンスについても、鈴木総監督は期待を寄せていた。

「昨年も(NSX GT3を)走らせてみたいなと思っていましたが、まだ1年目のクルマですし、様子を見ようという感じでした」

「でも、(昨年のNSX GT3の)走りを見ていて少しずつ成熟してきていて、さらに昨年の悪いところを見直してエボモデルになって、空力も改善していてエンジンもけっこう速くなっていると聞きました」

「BMWの場合はエボモデルがない状態で2020年まであのバージョンでいくと聞いています。チャンピオンを狙うのであれば、今はBMWではなくて、このクルマ(NSX GT3)かなと思って変更を決断しました」

#55 ARTA NSX GT3

#55 ARTA NSX GT3

Photo by: Tomohiro Yoshita

次の記事
ARTA、2019年カラーはオレンジじゃない? 鈴木亜久里監督「ちょっと驚くと思う」

前の記事

ARTA、2019年カラーはオレンジじゃない? 鈴木亜久里監督「ちょっと驚くと思う」

次の記事

スーパーGT&DTMの交流戦、欧州での開催は既存DTMレースと共催?

スーパーGT&DTMの交流戦、欧州での開催は既存DTMレースと共催?
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 福住 仁嶺
チーム Autobacs Racing Team Aguri
執筆者 吉田知弘