スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
Canceled
11 7月
Canceled
R
17 7月
Canceled
16 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
10 days
11 9月
Canceled
R
第4戦 もてぎ
12 9月
次のセッションまで……
31 days
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
52 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
R
第6戦 鈴鹿
24 10月
次のセッションまで……
73 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
87 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
108 days

GRスープラのデビューウィンに豊田章男社長「最高の形でサーキット復活を果たしてくれた」

シェア
コメント
GRスープラのデビューウィンに豊田章男社長「最高の形でサーキット復活を果たしてくれた」
執筆:
2020/07/20 6:37

2020スーパーGT開幕戦でのGRスープラデビューウィンにトヨタの豊田章男社長トヨタの豊田章男社長は「スープラを最高の形でサーキットに復活させてくれた」と語った。

 富士スピードウェイで開幕した2020年のスーパーGTで、日本国内レースデビューを果たしたGRスープラがGT500・GT300の両クラスでいきり優勝を飾ったことついて、トヨタの豊田章男社長がコメントを発表した。

Read Also:

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で開催し、予選と決勝を1日で実施する異例のスケジュールで行なわれた2020年のスーパーGT開幕戦。GT500クラスでは#37 KeePer TOM’S GR Supraが安定した走りで優勝を飾ったほか、GRスープラがトップ5を独占し、ライバルを圧倒するレースを披露した。一方、GT300クラスで唯一GRスープラを使用する#52 埼玉トヨペット GB GR Supraがタイヤ無交換作戦を成功させてチーム初優勝を飾るとともに、こちらもGRスープラのデビューウィンを飾る快挙を成し遂げた。

 国内最高峰のモータースポーツの舞台で、GRスープラが華々しい復活を遂げたことについて、豊田社長は次のようにコメントした。

「3ヵ月遅れで、ようやく2020年の日本のレースシーズンが始まり、ついにGRスープラがスーパーGT初戦でデビューを果たしました。待望のデビューWINです! それもGT500では表彰台を全て獲得。GT300も優勝です」

「優勝したTGR TEAM KeePer TOM'S、2位のTGR TEAM au TOM'S、3位のTGR TEAM WAKO'S ROOKIE、そこに続いたTGR TEAM ZENT CERUMOも、TGR TEAM SARDも、そしてポイント獲得したTGR TEAM WedsSport BANDOHも、GT300で初優勝を果たした埼玉トヨペット Green Braveもみんなおめでとう! みんなありがとう!」

「スープラという車名のサーキット復帰を最高の形で果たしてくれました。ドライバーのみんな、チームのみんな、スポンサーの皆さま、応援してくださったファンの皆さま、本当にありがとうございました!」

「最後になりましたが、非常に難しい環境の中でレースを安全に開催いただいた主催者の皆さま、中継でもレースの魅力を十分に伝えていただいた放送関係者の皆さまにも心から感謝いたします。開催は3ヵ月遅れましたが、例年以上にファンの心を沸かせる2020年シーズンにしていきましょう! よろしくお願いいたします」

Read Also:

 

新体制で臨み開幕戦でチーム初V、52号車の吉田広樹「色んなことが初めてのチャレンジだった」

前の記事

新体制で臨み開幕戦でチーム初V、52号車の吉田広樹「色んなことが初めてのチャレンジだった」

次の記事

スープラの勢い止め切れず、100号車の牧野「レースでの彼らは本当に強かった」

スープラの勢い止め切れず、100号車の牧野「レースでの彼らは本当に強かった」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 吉田知弘