au TOM’S LC500が2019カラーリングを発表、新たに青いラインが追加

シェア
コメント
au TOM’S LC500が2019カラーリングを発表、新たに青いラインが追加
2019/03/13 8:34

スーパーGT(GT500クラス)に参戦するLEXUS TEAM au TOM’Sは2019シーズンのマシンカラーリングを発表した。

 LEXUS TEAM au TOM’Sは3月13日、2019シーズンのスーパーGT(GT500クラス)に参戦する#36 au TOM’S LC500のマシンカラーリングを発表した。

 昨年は中嶋一貴と関口雄飛のコンビで序盤戦から存在感溢れる走りをみせた36号車。優勝争いに絡む場面も何度かあったが、不運に見舞われ結果が残らないレースが続いた。しかしチームは諦めることなくチャレンジを続け、第5戦富士500マイルレースで優勝。最終的にチームランキング5位を獲得した。

 今年もKDDIがメインスポンサーとなり「au」のロゴがマシンに大きく掲出される。カラーリングも基本的には昨年と変わらず白とオレンジがベースのデザインとなっているが、今年はそこにKDDIのコーポレートカラーでもあるアースブルーのラインが追加され、これまでとは少し異なる印象のデザインとなった。

 チーム体制は昨年と変わらず、伊藤大輔監督のもと、中嶋/関口のコンビ。使用タイヤはブリヂストンで、王座奪還を狙う。

次の記事
HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第2回:許容されるのは”1秒”。テストベンチの極意

前の記事

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第2回:許容されるのは”1秒”。テストベンチの極意

次の記事

王座奪還を狙うミシュランタイヤ、キーパーソンは“ミシュランを知り尽す”マコヴィッキィ

王座奪還を狙うミシュランタイヤ、キーパーソンは“ミシュランを知り尽す”マコヴィッキィ
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
Be first to get
breaking news