Audi Team Hitotsuyamaが2018年体制を発表、富田竜一郎が新たに加入

スーパーGT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaが、2018年の体制を発表。富田竜一郎がチームに加入した。

 スーパーGT300クラスに参戦するAudi Team Hitotsuyamaが、2018年の体制を発表。新たに富田竜一郎が加入し、鈴鹿10時間耐久レースへの参戦も表明した。

 今年もAudi Japanとパートナーシップを組み、R8 LMSで参戦するTeam Hitotsuyama。昨年は第7戦タイでポールポジションを獲得する活躍を見せたが、決勝では不運もあり、なかなか上位に食い込むことができずに終わってしまった。

 今シーズンはドライバーラインアップを一部変更。GT500クラスのチャンピオン経験があるリチャード・ライアンが残留し、チーム加入7年目のシーズンを迎えることになる。その新パートナーには、昨年までGAINERにいた富田竜一郎が移籍することになった。さらに若手ドライバー育成のため、Cドライバーとして昨年までFIA-F4に参戦していた篠原拓郎を起用しチームに帯同させる。なおタイヤは昨年と変わらずダンロップタイヤを使用する。

 またAudi Team Hitotsuyamaは8月24~26日に鈴鹿サーキットで行われる「鈴鹿10時間耐久レース」にも参戦予定。こちらの体制については、後日発表されるという。

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ スーパーGT
記事タイプ 速報ニュース