Hitotsuyama Audiはヨコハマタイヤにスイッチ、ライアン&富田のコンビ継続

シェア
コメント
Hitotsuyama Audiはヨコハマタイヤにスイッチ、ライアン&富田のコンビ継続
執筆:
2019/02/21 2:49

Audi Team Hitotsuyamaが2019年のスーパーGT(GT300)参戦体制を発表した。

 スーパーGT(GT300クラス)に参戦するAudi Team Hitotsuyamaが2019年の体制を発表。今年もリチャード・ライアンと富田竜一郎のコンビで参戦する。

 使用マシンは昨年に引き続きアウディR8 LMSだが、エアロダイナミクス、耐久性の向上を果たした2019年モデルを導入してGT300クラスに挑む。

 ドライバーは昨年と変わらずチーム在籍8年目となるリチャード・ライアン。パートナーは富田竜一郎が務める。さらに昨年はスーパー耐久や鈴鹿10Hにも参戦したアレッシオ・ピカリエロがチームの第3ドライバーとして正式加入。長距離レースとなる第2戦、第5戦で登場予定とのことだ。

 また昨年までダンロップタイヤを使用していた21号車だが、今年はヨコハマタイヤにスイッチする。

 昨年は不運なアクシデントが多く、思うようにポイントを稼げなかったAudi Team Hitotsuyama。新体制でどんな走りを見せるのか注目だ。

次の記事
「今年は結果を取りにいく!」つちやエンジニアリングが2019年体制を発表、FIA-F4にも挑戦

前の記事

「今年は結果を取りにいく!」つちやエンジニアリングが2019年体制を発表、FIA-F4にも挑戦

次の記事

元GP2ドライバー佐藤公哉の新たな挑戦。つちやエンジニアリング加入は“大きなチャンス”

元GP2ドライバー佐藤公哉の新たな挑戦。つちやエンジニアリング加入は“大きなチャンス”
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘
Be first to get
breaking news