スーパーGT王者のバトン、フル参戦2年目に自信満々「もっとアグレッシブにいく」

シェア
コメント
スーパーGT王者のバトン、フル参戦2年目に自信満々「もっとアグレッシブにいく」
執筆:
2019/01/16 10:08

2019年もチームクニミツからスーパーGTに参戦することが決まったジェンソン・バトンは、昨年の経験を活かし、もっとアグレッシブにいきたいと今季に向けた意気込みを語った。

 スーパーGTフル参戦1年目にしてGT500クラスのチャンピオンに輝いたジェンソン・バトン。2019年も山本尚貴とともにチームクニミツから参戦することが発表され「さらにアグレッシブにいきたい」と意気込みを語った。

 17シーズンに渡って参戦し続けたF1を引退し、次なる主戦場としてスーパーGTを選んだバトン。元F1チャンピオンが日本のシリーズに参戦するということもあって、開幕前のテストから多くのファンが集まり注目を集めた。

 シーズン前のテストではGT500車両に手こずる場面も見られたが、開幕戦の岡山でいきなり2位表彰台を獲得。第6戦SUGOではフル参戦1年目で初優勝を飾る活躍をみせた。瞬く間にチャンピオン争いの中心メンバーとなり、最終戦もてぎでシリーズチャンピオンを獲得した。

 そして、1月11日に東京オートサロンで行われた体制発表で2019年もチームクニミツからスーパーGTフル参戦が決定。山本ともにカーナンバー1をつけ、タイトル防衛に臨む。

 体制発表後のトークショーに登場したバトンは、新しい経験となった昨シーズンを振り返った。

「スーパーGTへのフル参戦は、僕にとっては全く新しい経験だった。2018シーズンを過ごしたことでこのカテゴリーが大好きになった。最初はクルマのことやタイヤのこと、GT300とのトラフィックなど……覚えなければいけないことが多かった。さらにスーパーGTには世界でも通用するような優秀なドライバーが揃っている。だから全体的にタフなシーズンだったという印象だ」

「とても競争力が高いカテゴリーだから、ここでチャンピオンを獲得するということは特別なことで、大きな意味を持つと思っている。2018シーズンは本当に最高だった」

「こうして新しいシーズンがスタートした。僕たちは“王座を守る立場”として、ここにいることが嬉しいし興奮している。昨年のうちにサーキットも含めて色々学ぶことができたから、今年はもっと自信をもってシーズンに臨むことができる」

 そう語ったバトンは、昨年の経験を活かし、今年はさらにアグレッシブにいきたいと語った。

「いろいろな経験もできたし、学ぶことも多かった。それを今年は活かせると思う。個人的にはもっとアグレッシブにいきたい。それはポジティブな意味でね」

「昨年は慣れていない部分もあったから、クラッシュなどでマシンにダメージを負って、チームに迷惑をかけないようにしていたところもあった。だけどチャンピオンを獲得して自信がついた。今年はもっと良い意味でアグレッシブになって、もっと攻めた領域でコントロールしていきたい。そして、ホンダ勢だけではなくライバルメーカーのチームとさらに素晴らしいバトルができることを楽しみにしている」

次の記事
DTMとスーパーGT交流戦、開催地最有力は富士? 来季以降は鈴鹿と隔年開催の可能性も

前の記事

DTMとスーパーGT交流戦、開催地最有力は富士? 来季以降は鈴鹿と隔年開催の可能性も

次の記事

ホンダ、クラス1規定本格導入の来年以降も、ミッドシップ車での参戦を希望?

ホンダ、クラス1規定本格導入の来年以降も、ミッドシップ車での参戦を希望?
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー ジェンソン バトン 発売中
執筆者 吉田知弘