スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

わずか1周で6台リタイア……超接近戦の中で起きた3つのアクシデント

シェア
コメント
わずか1周で6台リタイア……超接近戦の中で起きた3つのアクシデント
執筆:
2019/11/24 13:55

スーパーGT×DTM特別交流戦のレース2。わずか1周で6台がリタイアした“魔の26周目”。そこで何が起きていたのかを細かく振り返る。

 富士スピードウェイで行なわれた『スーパーGT×DTM特別交流戦』の決勝レース2は、大波乱の展開となった。特に2回目のセーフティカーが解除された26周目には、各所でアクシデントが起き、わずか1周で6台がリタイアした。いったいどこで何が起こったのか? motorsport.comの取材でその詳細が分かった。

 ブノワ・トレルイエ(#21 Audi Sport Japan RS 5 DTM)、アレッサンドロ・ザナルディ(#4 BMW M4 DTM)が先頭に並んだ状態でリスタートが切られた26周目。ちょうどレース終了まで10分を切っていたこともあり、各車ともわずかなチャンスをものにしようと、1コーナーからサイドバイサイドのバトルが繰り広げられた。

 そんな中、ターン3(コカ・コーラコーナー)を立ち上がったところで、『ひとつ目のアクシデント』が発生した。5番手争いをしていた中嶋大祐(#16 MOTUL MUGEN NSX-GT)、塚越広大(#17 KEIHIN NSX-GT)、野尻智紀(#8 ARTA NSX-GT)が3ワイドのバトルを展開した。

 コーナー進入時には中嶋大祐と塚越がバトルをしており、その2台に対して野尻はターン3でクロスラインを取る形で進入。コーナー出口の時点で塚越の前に出ていたという。しかし、中嶋と塚越の間で若干の接触があったようで、そこで塚越がバランスを崩した時に、野尻の右リヤにヒット。塚越と野尻はマシンに大きなダメージを負い、その場でリタイアとなってしまった。

 その後も、特に多くのマシンが密集した後方集団でアクシデントが発生。国本雄資(#19 Weds Sport ADVAN LC500)とサイドバイサイドのバトルをしていたヘイキ・コバライネン(#39 DENSO KOBELCO SARD LC500)がターン12のイン側にあるスピードバンプに乗ってジャンプしてしまった。その隣にいた国本はコバライネンを避けたことでコースの外側に飛び出してしまった。

 国本はそのままコースに復帰しターン13に進入したが、そこで大嶋和也(#6 WAKO’S 4CR LC500)と接触。2台はスピンを喫した。

 ちょうど、2台がコース上を塞ぐ形でスピンをしてしまい、真後ろにいたコバライネンが大嶋との接触を回避するため急減速。後続との間隔が近かったこともあり、中嶋一貴(#36 au TOM’S LC500)、石浦宏明(#38 ZENT CERUMO LC500)、さらに平手晃平(#3 CRAFTSPORT MOTUL GT-R)が玉突き衝突した。

 これにより、中嶋一貴と石浦はマシンの前後が大きく壊れてしまい、ピットまで戻ってリタイア。さらに平手も衝突時にラジエーターを損傷して戦列離脱を余儀なくされた。実は石浦と平手の間にレネ・ラスト(#33 Audi Sport RS 5 DTM)もいたのだが、彼は咄嗟にアウト側に進路をとり、コースオフは喫したものの接触は免れた。

 このターン13での多重クラッシュとほぼ同時にターン15(GRスープラコーナー)でも別のアクシデントが起きていた。

 ちょうど中団グループでバトルしていたジェームス・ロシター(#12 カルソニック IMPUL GT-R)が、ターン14でマイク・ロッケンフェラー(#99 Akrapovic Audi RS 5 DTM)をインからオーバーテイクしたが、直後のターン15で2台が接触。ロシターは減速時に押された形となり、目の前を走っていたアレッサンドロ・ザナルディ(#4 BMW M4 DTM)とぶつかってしまった。

 この時に、12号車のフロントボンネットを固定しているパーツが破損。スピードを上げた際に風圧でボンネットがめくれ上がってしまった。完全に視界を塞ぐ形となってしまったため、ロシターはメインストレートエンドでマシンを止め、こちらもリタイヤとなった。

 これにより、わずか1周で6台が姿を消し、6号車、19号車、39号車もマシンにダメージがある状態での完走となり、レース2は波乱に満ちた展開となった。なお、レース後に国本に対して40秒のタイム加算(ドライブスルー相当)のペナルティが出された。

Read Also:

次の記事
日本での初優勝を成し遂げたカーティケヤン「ついに夢がかなった」

前の記事

日本での初優勝を成し遂げたカーティケヤン「ついに夢がかなった」

次の記事

「面白いレースだった」石浦宏明、SGT×DTM特別交流戦でクラッシュも“次”に期待

「面白いレースだった」石浦宏明、SGT×DTM特別交流戦でクラッシュも“次”に期待
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント SUPER GT x DTM 特別交流戦
執筆者 吉田知弘