スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

D’station RacingがAMRと契約! 新型ヴァンテージGT3で参戦を表明

シェア
コメント
D’station RacingがAMRと契約! 新型ヴァンテージGT3で参戦を表明
執筆:
2019/02/15 7:24

スーパーGT(GT300クラス)に参戦するD’station Racingは、マシンをアストンマーティン ヴァンテージGT3に変更して2019シーズンに臨むことを発表した。

 スーパーGT(GT300クラス)で活躍中のD’station Racingが2019年の参戦体制を発表。アストンマーティン・レーシングとオフィシャルパートナー契約を結び「D’station Racing AMR」として参戦することが明らかとなった。

 昨年まではポルシェを使用し、GT300クラスに参戦していたD’station Racing。今年はアストンマーティン・レーシング(AMR)とパートナーチームとしてタッグを組み、新型のヴァンテージGT3にマシンを変更して臨む。 AMRからエンジニアも派遣されるなど強力なバックアップ体制が敷かれているようだ。なお、使用タイヤは横浜ゴムだ。

 チーム代表は今季ル・マン24時間レースにも参戦を表明している星野敏。元メジャーリーガーの佐々木主浩が引き続き総監督を務める。

 ドライバーは藤井誠暢と、昨年までGT500クラスを戦っていたジョアオ・パオロ・デ・オリベイラのコンビ。さらに第3ドライバーとしてAMRのワークスドライバーであるダレン・ターナーを起用。第5戦富士など長丁場のレースで登場することになりそうだ。

 また、マシンのデザインもプレスリリースで明らかにされおり、昨年までの白をベースにしたカラーリングから一新。チームの母体であるNEXUS・D’stationのコーポレートカラーであるグリーンを基調として、そこにAMRのパフォーマンス・サブブランドであるイエローが融合されている。さらにマシンのフロントウインドウやリヤウイングにはAMRのロゴも掲出されている。

 アストンマーティンのマシンがスーパーGTに登場するのは2014年以来となる。年々激しさを増すGT300クラスでどのような走りを披露してくれるのか、開幕が楽しみである。

次の記事
スバルR&D SPORT、2019年も井口卓人&山内英輝のコンビを継続

前の記事

スバルR&D SPORT、2019年も井口卓人&山内英輝のコンビを継続

次の記事

BoP”50kg”という壁を乗り越えろ……土屋武士が2018年に見た景色

BoP”50kg”という壁を乗り越えろ……土屋武士が2018年に見た景色
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita