エヴァレーシングがスーパーGTに復活! X Worksとのコラボ体制を発表

今季からスーパーGT(GT300クラス)に参戦するX Worksが参戦体制を発表。国内でも人気のエヴァンゲリオンレーシングとタッグを組んで参戦することになった。

エヴァレーシングがスーパーGTに復活! X Worksとのコラボ体制を発表

 エヴァンゲリオンカラーのマシンが2年ぶりにスーパーGTに帰ってくる。

 2019年からスーパーGT(GT300クラス)に新規参戦するX Worksとエヴァンゲリオンレーシングがコラボし、日産GT-R NISMO GT3で戦うことを発表した。

 X Worksは昨年スーパー耐久でフェニックス レーシング アジアとして参戦していた香港を拠点に活動するチーム。今年は日産GT-R GT3で使用しスーパーGTにステップアップしてくる。

 ゼッケンは33番で、タイヤは横浜ゴムを使用。ドライバーはS耐のメンバーだったショウン・トンとチームオーナーのマーチー・リーがステアリングを握る予定だ。

 さらにX Worksは国内の各カテゴリーで人気を集めている「エヴァンゲリオンレーシング」とコラボし、人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の劇中に登場するエヴァンゲリオン初号機を彷彿とさせる紫をベースにしたマシンカラーで参戦する。

 エヴァカラーのマシンがスーパーGTに登場するのは2年ぶりということもあり、開幕戦から注目を集める1台になりそうだ。

シェア
コメント
2019年スーパーGT年間エントリーリスト

前の記事

2019年スーパーGT年間エントリーリスト

次の記事

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第1回:テストベンチの役割とは?

HRD Sakura連載「テストベンチは面白い!」第1回:テストベンチの役割とは?
コメントを読み込む