大クラッシュの38号車LC500、決勝出走を目指し修復中

シェア
コメント
大クラッシュの38号車LC500、決勝出走を目指し修復中
執筆: 吉田知弘
2018/08/04 10:29

2018スーパーGT第5戦富士。土曜日朝の公式練習で大クラッシュを喫した#38 ZENT CERUMO LC500は、チームが決勝出走を目指し現在も懸命に修復作業が行われている。

 富士スピードウェイで行われている2018スーパーGT第5戦富士。朝の公式練習で大クラッシュを喫した#38 ZENT CERUMO LC500。決勝レースでの出走を目指し、現在もマシンの修復作業が行われている。

 公式練習の開始30分が過ぎたところで、メインストレートを走っていた#38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)にブレーキトラブルが発生。TGRコーナーで減速できないままスピン状態となり、ちょうどピットアウト直後だった#34 Modulo KENWOOD NSX GT3(道上龍)に激突。マシンはそのままTGRコーナー奥のタイヤバリアまで飛んでいき停車。直後にエンジン部分から炎が一瞬上がった。

 立川はすぐにマシンを降りて無事だったが、かなりのインパクトがあったようでマーシャルに抱えられながら安全な場所に避難した。

 その後、メディカルセンターで詳しい検査を受けた立川。まだ足に痛みが残っているそうだが、それ以外は特に問題ないとのことだ。

 気になるマシンに関しては、左フロントタイヤが完全に脱落するほどの衝撃で、前後ともに大破した状態。マシンがピットに戻されるとガレージのシャッターが下ろされ、チームはすぐに修復作業を開始し、中の様子が伺い知るのが難しい状態だが、総動員でマシン修復に全力を尽くしていた。

 残念ながら予選には間に合わなかったが、決勝レース出走を目指し現在もピット内で作業が進められている。関係者の間では、決勝までにはマシンが直るのではないかと予想する声が多いが、その一方で立川の怪我の状態を心配する声も多かった。

 また、このクラッシュでリヤ部分を大破した#34 Modulo KENWOOD NSX GT3は、修復が不可能ということで今レース出走を断念した。

次の スーパーGT ニュース
HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!

前の記事

HOPPY 86 MCが得意でない富士でポールポジション!

次の記事

日産GT-R勢が予選を圧倒。23号車MOTUL AUTECH GT-Rがポール獲得

日産GT-R勢が予選を圧倒。23号車MOTUL AUTECH GT-Rがポール獲得
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー 立川 祐路
チーム セルモ
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース