トラブルで予選不出走の17号車、塚越広大「決勝は問題なく走れる」

シェア
コメント
トラブルで予選不出走の17号車、塚越広大「決勝は問題なく走れる」
執筆: 吉田知弘
2018/08/04 11:49

2018スーパーGT第5戦富士。GT500クラスの予選Q1でトラブルに見舞われた#17 KEIHIN NSX-GTだが、明日の決勝は問題なく走れると塚越広大が語った。

 富士スピードウェイで開催中のスーパーGT第5戦。GT500クラスの予選Q1で突然トラブルに見舞われコースインできなかった#17 KEIHIN NSX-GTは、結局ノータイムでQ1を終えた。

 塚越広大によると、原因が見つかり、明日の決勝レースには問題なく出走できる見込みだと語った。

 午前中の公式練習では順調に41周を走破し、8番手タイムを記録した#17 KEIHIN NSX-GT。それまでは、全く問題なく走れていたが、いざ予選直前になってエンジンがかからないトラブルに見舞われたという。

 その時の状況について、塚越はこのように語った。

「朝の公式練習は問題なく普通に走れていましたが、予選前に暖気をしようとたらエンジンがかからなくて、色々作業をしましたが、時間までに原因は究明できませんでした」

「今は原因もわかって、(予選後に)エンジンはかかりました。明日は問題なく走れると思います」

 予選でタイム計測ができていないため、明日は嘆願書を出してのレース出走になるかと思われるが、長丁場となる決勝レースに向け、夕方以降もメンテナンス作業が続けられた。

 今週末の手応えについて塚越に訊くと、決して自分たちが有利という状況ではなさそうだが、諦めずにポイントを狙っていくと語った。

「みんな手強いので、難しいところもありましたけど、明日は暑くなってくると、どういった展開になるか分からなくなると思います。とにかく、なんとか踏ん張って、明日はポジションを上げて少しでも多くのポイントを獲得したいです」

次の スーパーGT ニュース
セットアップバッチリ決まったMOTUL AUTECH GT-R。”これまでの富士で最高”

前の記事

セットアップバッチリ決まったMOTUL AUTECH GT-R。”これまでの富士で最高”

次の記事

HOPPY 86 MC、チームの力で獲得した予想外のポール。長丁場のレースも”攻めの姿勢”

HOPPY 86 MC、チームの力で獲得した予想外のポール。長丁場のレースも”攻めの姿勢”
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第5戦富士
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー 塚越 広大
チーム Real Racing
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース