GSR、谷口&片岡の不動コンビで王座奪還へ。2019ミクは杏仁豆腐氏デザイン

シェア
コメント
GSR、谷口&片岡の不動コンビで王座奪還へ。2019ミクは杏仁豆腐氏デザイン
2018/12/22 10:01

GOODSMILE RACINGが2019年の参戦体制を発表。谷口信輝と片岡龍也のコンビを継続し、GT300クラス王者奪還を目指す。

 12月22日(土)、GOODSMILE RACING & TeamUKYOの2019年のスーパーGT参戦体制が発表された。チーム監督に片山右京、谷口信輝と片岡龍也という変わらぬ布陣で、GT300クラスの王座奪還を目指す。

 2017年にGT300クラスのチャンピオンに輝き、連覇を目標に2018年を戦ったGOODSMILE RACING & TeamUKYO。最終戦もてぎにチャンピオン候補の一角として臨んだが、一歩及ばずランキング4位でシーズンを終えた。

 2019年はカーナンバーをチャンピオンナンバーの0番から4番に戻すが、エントラント代表はグッドスマイルカンパニー代表取締役社長の安藝貴範氏、監督は元F1ドライバーの片山右京、ドライバーに谷口と片岡の強力コンビを起用。メンテナンスガレージはRSファイン、メルセデスAMG GT3にヨコハマタイヤを装着するなど、2018年とほぼ同じ体制を継続する。

 大きく変わるのは、マシンのカラーリングだろう。マシンに描かれるレーシングミクは、毎年異なるクリエイターによって生み出され、初音ミクGTプロジェクトのシンボルとなっている。2019年は、アイドルマスターシンデレラガールズのキャラクターデザインなどで活躍する杏仁豆腐氏が担当。プロジェクト全体のアートディレクションはコヤマシゲヒト氏が続投する。

 片岡は「チームのパターンは出来上がっているので、良い波に乗れればチャンピオンが獲れると思います」と話すと、谷口は「体制が変わらないのが僕らの強みです。2019年はもっと目立ちたいと思います」と、意気込みを語った。

 片山監督は「このチームが一番落ち着くし、原点を感じます。来年はもっと絞り出して、結果を求めていきたいと思います」と、活躍を誓った。

 また、2019年の鈴鹿10時間耐久レースへの参戦もいち早く発表。総合5位、アジア勢トップとなった2018年と同様、小林可夢偉がドライバーに加わるとしている。

 マシンカラーリングは2019年の1月11日(金)〜13日(日)に幕張メッセで開催される東京オートサロン2019の埼玉自動車大学校ブースで発表される。

 初音ミクGTプロジェクトの特色とも言える個人スポンサー制度も継続。2019年個人スポンサーは、本日12月22日より募集開始となっている。詳細は、GOODSMILE RACINGの公式サイト(https://www.goodsmileracing.com/)を確認してほしい。

レーシングミク 2019Ver. © 杏仁豆腐 / Crypton Future Media, INC. www.piapro.net directed by コヤマシゲト

レーシングミク 2019Ver. © 杏仁豆腐 / Crypton Future Media, INC. www.piapro.net directed by コヤマシゲト

次の記事
ホンダ山本MS部長「山本尚貴がF1に乗る可能性は消えていない」

前の記事

ホンダ山本MS部長「山本尚貴がF1に乗る可能性は消えていない」

次の記事

2019年も“変わらない体制”を強みに……谷口&片岡がタイトル奪還誓う

2019年も“変わらない体制”を強みに……谷口&片岡がタイトル奪還誓う
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
Be first to get
breaking news