スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
28 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
42 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
63 days

第3戦鈴鹿でのGT300クラス参加条件、Q1組分け等が発表。タイヤ交換義務の導入はなし

シェア
コメント
第3戦鈴鹿でのGT300クラス参加条件、Q1組分け等が発表。タイヤ交換義務の導入はなし
執筆:

8月22日~23日に開催されるスーパーGT第3戦でのGT300クラスの参加条件をはじめとした各情報がGTアソシエイションから発表された。

 鈴鹿サーキットで8月22日~23日に行なわれる2020スーパーGT第3戦では、GT300クラスで予選Q1組分け制が導入される他、BoPなどの参加条件も一部変更。さらに第2戦で導入されたタイヤ交換義務の措置は適用されないことになることが明らかにされた。

Read Also:

 第2戦ではドライバー交代の際にタイヤ4本の交換義務を急きょ採り入れたGT300クラスだが、第3戦以降ではこの義務を導入しないことがGTアソシエイション発行のブルテンNo.033で発表された。これにより、開幕戦で#52 埼玉トヨペット GB GR Supraが行なったタイヤ無交換作戦ができるようになる。

 また第3戦用のBoPも発表され、大きな変更点としてはマザーシャシー勢の車両最低重量が開幕2戦までのプラス20kgからプラス50kgに変更されることになった。開幕戦では#5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号が3位に入り、第2戦では#2シンティアム・アップル・ロータスが優勝を飾るなど、シーズン開幕時から速さをみせているマザーシャシー勢。ここにきてBoPが厳しく設定されたように見えがちだが、以前から富士スピードウェイ以外のコースではプラス50kgに設定されていたこともあり、今回の変更もこれまでの例に従った形と言えるだろう。

 そして第3戦もGT300クラスには30台がエントリーすることになるが、予選Q1では開幕2戦と同様にQ1では2グループに分けて予選が実施される。組分けは前戦までのランキング順をもとに振り分けられている。

 ここまで2戦を終えてJAF-GT、マザーシャシー勢が強さを見せているGT300クラス。これに対しGT3勢が鈴鹿でどのように巻き返しを見せるのか。今週末の第3戦も予選から目が離せない展開となりそうだ。

2020 スーパーGT第3戦鈴鹿 GT300予選Q1組分け一覧

<A組>

#52 埼玉トヨペットGreen Brave
#55 ARTA
#56 KONDO RACING
#61 R&D SPORT
#10 GAINER
#21 Audi Team Hitotsuyama
#4 GODDSMILE RACING & TeamUKYO
#60 LM corsa
#25 HOPPY team TSUCHIYA
#7 BMW Team Studie × CSL
#18 TEAM UPGARAGE
#31 apr
#48 NILZZ Racing
#33 X Works
#22 R’Qs MOTOR SPORTS

<B組>

#2 Cars Tokai Dream28
#11 GAINER
#65 K2 R&D LEON RACING
#5 TEAM MACH
#34 Modulo Drago CORSE
#6 ACVICS muta Racing INGING
#9 PACIFIC - D’station Racing
#244 Max Racing
#96 K-tunes Racing
#30 apr
#50 Arnage Racing
#88 JLOC
#360 TOMEI SPORTS
#87 JLOC
#35 arto Ping An Team Thailand

Read Also:

GT500を初経験した阪口晴南に対し、脇阪寿一監督「GT500のレベルの高さを理解したと思う」

前の記事

GT500を初経験した阪口晴南に対し、脇阪寿一監督「GT500のレベルの高さを理解したと思う」

次の記事

「第2戦は予選での僕の力のなさが敗因……」100号車の山本尚貴、第3戦鈴鹿でのリベンジ目指す

「第2戦は予選での僕の力のなさが敗因……」100号車の山本尚貴、第3戦鈴鹿でのリベンジ目指す
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘