スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
13 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
34 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
48 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
69 days

SC導入で24秒リードがなくなるも冷静に対処、平川亮「逆に集中して走れた」

シェア
コメント
SC導入で24秒リードがなくなるも冷静に対処、平川亮「逆に集中して走れた」
執筆:

2020スーパーGT第1戦を制した#37 KeePer TOM’S GR Supraの平川亮とニック・キャシディがレースを振り返った。

 富士スピードウェイで行なわれた2020スーパーGT第1戦。GT500クラスで優勝した#37 KeePer TOM’S GR Supraの平川亮は、途中のセーフティカー導入で大量リードを失う不運に見舞われたが、それが逆にレース終盤に向けて集中して走ることができたと前向きに捉えていた。

Read Also:

 予選Q2でそれまで好調だったホンダNSX-GT勢を逆転してポールポジションに輝いた37号車。決勝レースでも序盤から後続を引き離し、終始ライバルを寄せ付けない走りで2020シーズン最初のGT500ウィナーとなった。

 前半スティントを務めたニック・キャシディはレース後の記者会見で“完璧な1日だった”と語った。

「とにかく最高に嬉しい。ポールポジション、ファステストラップ、優勝を飾ることができて、僕たちにとっては完璧な1日だった。途中のセーフティカー導入は僕たちにとってはあまり嬉しい展開ではなかったけど、(平川)亮が素晴らしい走りをしてくれた。シーズンオフの間に素晴らしいクルマを用意してくれたみんなに感謝したい。でも、これで優勝したことによって次戦はウエイトがたくさん積まれることとなるから簡単にはいかないだろうけど、少しでもより良い状態で臨めるようにしたい。あと僕自身はスーパーGT(特別交流戦を含め)で3連勝することができた。本当に信じられないよ」

 また後半スティントを務めた平川もシーズンオフの間は開発にも携わってきたGR Supraでデビューウィンを飾ることができ、安堵の様子だった。

「優勝できてすごく嬉しいです。昨年からGR Supra GT500の開発にも携わってきました。関係者の皆さんの苦労も知っていますし、僕たちも苦労してクルマを作り上げてきました。それがこうして実ったので良かったと思います」

 今回の37号車は最初から最後まで完璧なレース運びを見せたが、唯一の誤算だったのがアクシデント車両を回収するために37周目に導入されたセーフティカーだ。2番手を走っていた#36 au TOM’S GR Supraに対して24秒ものリードを築いていたのだが、それが一気にゼロになってしまったのだ。

 それでも平川は、逆にプラスに捉えることができたという。

「ギャップが20秒以上あって、後ろとどんどん離れていく状況だったので、(SC導入は)アンラッキーだと思いましたけど、GT300でトラブルが出ているクルマがあちこちにいたので、何か起きるだろうなとは思っていました」

「逆に20秒以上ギャップがあったら集中できなかったかもしれません。差は縮まりましたけど、そのおかげで集中して走れたかなと思います」

 今シーズンは開幕前のテストや前日の公式練習も含めてNSX-GT勢が速さをみせていたが、決勝では勢力図が一変しGR Supra勢がトップ5を独占する結果となった。

 これについて平川は選んだタイヤで差が出たのではないかと振り返った。

「一番はタイヤ選択だったと思います。(予選で)上位にいたホンダ勢は同じブリヂストンでどのタイヤを使っているか分かっていました。暑くなって(タイヤを持たせるのが)厳しくなるなというのは思っていました。それこそレースをスタートしてはじめの数周だけ踏ん張れれば引き離せると思いました。そこはあまり心配していなかったです」

 キャシディもタイヤ選択がキーポイントだったと語りつつも、NSX-GT勢のパフォーマンスにはかなり警戒しているようだった。

「僕も同じような意見だ。NSX-GTはすごく強いクルマだと思っているし(彼らを攻略するのは)チャレンジングなことだと思っている。ただ、今日に関してはトヨタがタイヤ選択の部分で素晴らしい仕事をした。もちろん今日のこともしっかり振り返る必要があるけど、僕たちとNSX-GT勢とのバトルはこれからも続くだろうし、僕たちもさらに頑張らなければいけないと思っている」

Read Also:

第1戦富士 決勝GT500|GR Supraトップ5独占! 平川/キャシディ組トムスが新車初戦優勝

前の記事

第1戦富士 決勝GT500|GR Supraトップ5独占! 平川/キャシディ組トムスが新車初戦優勝

次の記事

試練を乗り越え待望の開幕。現場で感じたスーパーGTの”スゴさ”

試練を乗り越え待望の開幕。現場で感じたスーパーGTの”スゴさ”
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 吉田知弘