スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
6 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
27 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
41 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
62 days

脇阪寿一緊急移籍! TGR TEAM SARDのチーム監督に就任

シェア
コメント
脇阪寿一緊急移籍! TGR TEAM SARDのチーム監督に就任
執筆:

昨年GT500クラスで#6 WAKO’S 4CR LC500をチャンピオンに導いた脇阪寿一監督。2020年はTGR TEAM SARDの指揮を執る。

 2020年のスーパーGT(GT500)に参戦するTGR TEAM SARDが今季の参戦体制を発表。チーム監督に脇阪寿一氏が就任することが明らかとなった。

 脇阪監督は2015シーズンいっぱいでGT500クラスを引退。その後はLEXUS TEAM LEMANS WAKO’Sのチーム監督を務めてきた。就任4年目となった昨年は、チームに6年ぶりの優勝をもたらし、最終戦での激闘の末、大嶋和也/山下健太組をドライバーズチャンピオンに導いた。

 2月7日にトヨタの2020年活動計画が発表されたのと同時に、サードからもプレスリリースが出され、脇阪監督は同チームへ移籍することが明らかとなった。なお、ドライバーは昨年と変わらずヘイキ・コバライネンと中山雄一のコンビだ。

 脇阪監督は現役時代の2012年と2013年に同チームでドライバーを務め、2012年第2戦富士では自身のGT500キャリア最後の優勝を飾った。

 サードのプレスリリースで脇阪監督は、チーム移籍や今季に向けた意気込みをこのように語った。

「脇阪寿一緊急移籍です。サードチームの皆様、サードチームのファンの皆様、ただいま戻りました。 (笑)2020シーズン、クルマもエンジニアリング体制も大きく変わったサードチームですが、我々の目標は常にシリーズタイトルを獲得し応援いただく皆さんを笑顔にする事。レベルが高いSUPER GTの世界で、一歩抜け高みに上がるのは大変な事ですが、新体制をうまく束ね、向かうべき道を示し、ドライバー、チームメンバーが強い情熱を持ち、実力を遺憾なく発揮し輝ける環境造りに努めます。新生 TGR TEAM SARDの応援宜しくお願いします。さて、SUPER GTの舞台にスープラが帰ってまいりました。Supra is Back でございます! 盛り上がっていきましょう!!」

Read Also:

トヨタ、2020年のGT500体制を発表。セルモ2台目のゼッケンは“14”

前の記事

トヨタ、2020年のGT500体制を発表。セルモ2台目のゼッケンは“14”

次の記事

7台のトヨタ/レクサス車両がGT300に参戦、60号車LMcorsaはミシュランを装着

7台のトヨタ/レクサス車両がGT300に参戦、60号車LMcorsaはミシュランを装着
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー Juichi Wakisaka
チーム チーム・サード
執筆者 吉田知弘