KONDO RACING、GT300参戦マシンカラーリングを初公開

シェア
コメント
KONDO RACING、GT300参戦マシンカラーリングを初公開
執筆:
2019/02/22 7:36

KONDO RACINGは、2019シーズンのスーパーGT GT300クラスに参戦するマシンを初公開した。

 2019年から、スーパーGT GT500クラスに加えて、新たにGT300クラスにも参戦するKONDO RACINGが、日産本社のGHQギャラリーで『NISSAN MECHANIC CHALLENGE 〜KONDO RACING GT300アンベールイベント〜』を開催。使用するマシン、NISSAN GT-R NISMO GT3のカラーリングを公開した。

 KONDO RACINGは、「真のクルマ好き人財、組織に通用する人財の育成を、モータースポーツを通じて実現していく」との目的から日産・自動車大学校との合同プロジェクトとして、2012年からスーパー耐久にNISSAN GT-R NISMO GT3を使用し参戦してきた。

 2019年からは活動の場をGT300クラスに移し、新たに「NISSAN MECHANIC CHALLENGE」として、日産・自動車大学校の学生のみならず、販売会社のテクニカルスタッフも参加するプロジェクトに拡大するとのことだ。

 ドライバーは、昨年マネパ ランボルギーニ GT3をドライブしていた平峰一貴と、昨年のマカオGPで3位表彰台を獲得した気鋭のフランス人、サッシャ・フェネストラズのラインアップとなることがすでに発表されている。

 イベントで公開されたGT300クラス参戦車両は、白と青のカラーリング。スーパー耐久のST-Xクラスに参戦していた車両よりも、濃い青に塗り分けられている。カーナンバーは56番。

 近藤真彦監督は、2019シーズンの意気込みを「世界中のメーカーが激しく争うGT300クラスでの新しいチャレンジですが、何としても1勝するんだという気持ちで頑張っていきます。ぜひ応援していきます」と語った。

次の記事
B-Max、2019年の活動計画を発表。”全主要カテゴリー”にエントリー

前の記事

B-Max、2019年の活動計画を発表。”全主要カテゴリー”にエントリー

次の記事

埼玉トヨペット、2019年モータースポーツの参戦体制を発表。3カテゴリーにエントリー

埼玉トヨペット、2019年モータースポーツの参戦体制を発表。3カテゴリーにエントリー
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー Masahiko Kondo , 平峰 一貴
チーム Kondo Racing
執筆者 松本 和己
Be first to get
breaking news