スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
Canceled
11 7月
Canceled
R
17 7月
Canceled
16 7月
イベントは終了しました
08 8月
次のセッションまで……
3 days
22 8月
次のセッションまで……
17 days
11 9月
Canceled
R
第4戦 もてぎ
12 9月
次のセッションまで……
38 days
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
59 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
R
第6戦 鈴鹿
24 10月
次のセッションまで……
80 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
94 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
115 days

コバライネン、スーパーGT開幕戦欠場へ、本人が認める。入国制限解除されず……

シェア
コメント
コバライネン、スーパーGT開幕戦欠場へ、本人が認める。入国制限解除されず……
執筆:
2020/07/04 7:50

#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraのヘイキ・コバライネンは、日本への入国制限が続いていることから、スーパーGT開幕戦を欠場せざるを得ないようだ。

 新型コロナウイルスの流行によって遅れていた2020年のスーパーGTは、7月18日、19日に富士スピードウェイで開幕する。しかしながら、#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraのヘイキ・コバライネンは、開幕戦に出場できない見通しであることを認めた。

 現在、新型コロナウイルスは依然として世界中で猛威を振るい続けている。日本政府は海外からの入国を制限しており、6月27日、28日に富士で行なわれた合同テストでも、コバライネンを含め複数の海外在住ドライバーが欠席する事態となっていた。

Read Also:

 彼らは7月になって制限が緩和されることを期待していたが、結果的にEU(欧州連合)からの入国制限は継続されることとなった。近い将来、制限が緩和される可能性も低いため、フィンランド在住のコバライネンは開幕戦を欠場せざるを得なくなった。

 彼はmotorsport.comに対し、次のように語った。

「僕は開幕戦を欠場することになる。日本に入国できないんだ」

「僕たちは7月に制限が緩和されることを期待していたけど、そうはならなかった。だからレースを欠場するしかない」

「いつ日本に入国できるかも全く分からない。7月は大丈夫かと思っていたのにダメだったので、8月もどうなるかは分からない。僕はいつでも日本に行く準備はできているし、飛行機もすぐ予約できるだろうから、制限が解除されたらいつでも日本に行ける」

「一度日本に着いたら、レースを戦うために今年はほとんど日本に留まることになるだろうね」

 コバライネンが欠場した先週の富士テストでは、今季はスーパーフォーミュラとWEC(世界耐久選手権)に専念する予定だった山下健太が39号車の第3ドライバーに登録されたが、開幕戦で誰がコバライネンの代役を務めるのかは明らかになっていない。

 また、GT500クラスでは#17 KEIHIN NSX-GTのベルトラン・バゲットも母国ベルギーに滞在中であり、コバライネン同様開幕戦を欠場することになるものと見られる。なお#23 MOTUL AUTECH GT-Rのロニー・クインタレッリ、#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rのヤン・マーデンボロー、#36 au TOM'S GR Supraのサッシャ・フェネストラズ、#37 KeePer TOM'S GR Supraのニック・キャシディの4名は日本在住であり、入国制限の影響を受けることはない。

 さらにGT300に関しても、#9 PACIFIC NAC D'station Vantage GT3のニッキー・ティームをはじめ、多くの海外在住ドライバーが入国制限の影響で富士テストを欠席。こちらも開幕戦を欠場せざるを得ないものと見られる。

 シリーズを主催するGTアソシエイションの広報担当者はmotorsport.comに対し、スーパーGTのドライバーや関係者が入国ルールの対象外となるよう「引き続き担当省庁に要請を行なっている」と話した。

 

Read Also:

GRスープラ、鮮烈デビューウィンなるか? キャシディ「NSXとの差はほとんどない」

前の記事

GRスープラ、鮮烈デビューウィンなるか? キャシディ「NSXとの差はほとんどない」

次の記事

スーパーGT開幕戦、エントリーリストが発表。バゲット入国実現で参戦へ

スーパーGT開幕戦、エントリーリストが発表。バゲット入国実現で参戦へ
コメントを読み込む