スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

K2 R&D LEON RACING、菅波冬悟を第6戦から起用。黒澤治樹は監督へ

シェア
コメント
K2 R&D LEON RACING、菅波冬悟を第6戦から起用。黒澤治樹は監督へ
執筆:
2019/08/21 23:48

K2 R&D LEON RACINGは、スーパーGT第6戦オートポリスから菅波冬悟をドライバーとして起用することを明らかにした。

 2019年のスーパーGT(GT300クラス)に参戦しているK2 R&D LEON RACINGは、第6戦オートポリス大会から、現在FIA-F4などで活躍中の菅波冬悟を第2ドライバーとして起用することを発表した。

 昨年、GT300クラスでチャンピオンを獲得したK2 R&D LEON RACING。今年も黒澤治樹と蒲生尚弥のコンビで参戦していたが、今回の体制変更により蒲生が第1ドライバーとなり、第2ドライバーに菅波が入ることになった。なお、黒澤はチーム監督に就任する。

 シーズン途中でこうした体制変更は珍しいことだが、監督に就任した黒澤は「監督業としては未知数ですが、チームを好成績に導けるように頑張ります」とプレスリリースでコメントを発表した。

 同じく菅波もコメントを発表した。

「まずはSUPER GT参戦チャンスを下さったK2 R&D LEON RACING様、並びに関係者の皆様に感謝致します。また現在参戦中のFIA-F4でお世話になっております大阪トヨペット株式会社様、ならびにチームの皆様には、この度SUPER GT参戦にあたり、ご快諾頂き感謝致します」

「チャンピオンチームであるK2 R&D LEON RACING様からSUPER GTデビューをさせて頂ける事を大変嬉しく思っており、黒澤さん、蒲生さんの2人の先輩方から多くの事を学ばせて頂きたいと思っております」

「シーズン途中のオートポリス大会からの参戦となりますが、一刻も早くチームの戦力となれるように頑張ります」

 なお、菅波は8月10日、11日に行われたスポーツランドSUGOでの公式テストに参加。そこでルーキーテストを合格している。

次の記事
ホンダサンクスデー、来場ドライバー第1弾発表。F1ドライバーの来日も決定

前の記事

ホンダサンクスデー、来場ドライバー第1弾発表。F1ドライバーの来日も決定

次の記事

LMP2挑戦の山下健太に海外も注目。課題は”コミュニケーション”か?

LMP2挑戦の山下健太に海外も注目。課題は”コミュニケーション”か?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦:オートポリス
執筆者 吉田知弘