スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

レクサスが2019年GT500参戦体制を発表、坪井翔と中山雄一がステップアップ

シェア
コメント
レクサスが2019年GT500参戦体制を発表、坪井翔と中山雄一がステップアップ
執筆:
2019/02/07 6:29

スーパーGTに参戦するレクサスが2019シーズンのドライバーラインアップを発表した。

 レクサスは2月7日、2019年のスーパーGT(GT500クラス)参戦体制を発表。当初の噂通り、坪井翔、中山雄一がGT300クラスからステップアップすることが明らかとなった。

 2018年はシーズン3勝を挙げる活躍を見せ、なかでも安定してポイントを重ねてきた平川亮/ニック・キャシディ組が最終戦までチャンピオン争いを繰り広げたが、わずかの差でタイトル連覇はならなかった。

 今年も6台体制という布陣は変わらないレクサス勢。昨年は顕著な活躍を見せたTOM’Sの2台はドライバー変更がなく、36号車が中嶋一貴/関口雄飛、37号車が平川/キャシディ組となる。

 #38 LEXUS TEAM ZENT CERUMOも立川祐路/石浦宏明で変更なし。今年でコンビ5シーズン目を迎える。

 昨年の第2戦富士でスポット参戦し、目を見張る活躍を見せた坪井翔は、噂通りGT300クラスからステップアップ。その時にステアリングを握った#39 LEXUS TEAM SARDに加入かと思われたが、最終的に#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHに入り、国本雄資とコンビを組むことが明らかになった。

 その19号車に昨年在籍した山下健太は、#6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’Sに移籍。#39 LEXUS TEAM SARDはヘイキ・コバライネンが残留し、そのパートナーに中山雄一が加入。こちらもGT300クラスからステップアップし、GT500クラス初挑戦となる。

 なお、各チームの使用タイヤについては昨年から変更なく、19号車のみがヨコハマタイヤ、それ以外の5台は全てブリヂストンを装着する。

2019スーパーGT(GT500クラス)ラインアップ

#6 LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S
大嶋和也/山下健太

#19 LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
国本雄資/坪井翔

#36 LEXUS TEAM au TOM’S
中嶋一貴/関口雄飛

#37 LEXUS TEAM KeePer TOM’S
平川亮/ニック・キャシディ

#38 LEXUS TEAM ZENT CERUMO
立川祐路/石浦宏明

#39 LEXUS TEAM SARD
ヘイキ・コバライネン/中山雄一

次の記事
阪口晴南がK-tunes Racingに加入! トヨタ/レクサスのGT300参戦体制も明らかに

前の記事

阪口晴南がK-tunes Racingに加入! トヨタ/レクサスのGT300参戦体制も明らかに

次の記事

サード、GT500の参戦体制を発表。コバライネン「日本に滞在する時間を増やす」

サード、GT500の参戦体制を発表。コバライネン「日本に滞在する時間を増やす」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita