「目標は初優勝!」2列目獲得のマーデンボローが自信。課題はスタートの接触?

スーパーGT第5戦富士の予選で4番手となった#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R。ドライバーのヤン・マーデンボローはキャリア初優勝を狙っていけると、決勝レースに向けて自信を見せた。

「目標は初優勝!」2列目獲得のマーデンボローが自信。課題はスタートの接触?

 富士スピードウェイで行なわれている2020スーパーGTの第5戦。その予選で#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-Rは4番グリッドを獲得した。

Read Also:

 予選はQ1を高星明誠が、Q2をヤン・マーデンボローが担当。Q1では高星の手によって3番手で通過。Q2でステアリングを握ったマーデンボローはポールポジションを獲得した8号車ARTA NSX-GTから0.679秒差で4番グリッドを獲得した。

 予選後に取材に答えたマーデンボローは、マシンは第3戦から改善されており、ロングランのペースは決勝で優勝を争うに足るものだと、初優勝に向けた自信を示した。

「僕らのクルマは第3戦から改善してきていて、単に予選とレースで運がなく、パフォーマンスを披露する機会がなかっただけなんだ」

 マーデンボローはそう語った。彼のQ2出走は昨年の開幕戦岡山ラウンド以来のものでもある。

 なお24号車はこれまでのレースでポイントをあまり獲得できていなかったことで、ウェイトハンデの面では、2番目に軽いクルマとなっている。

「公式練習の段階から、クルマは強かったし、一貫性があった。Q1で(高星が)Q2に通過できるタイムを出してくれて、僕にプレッシャーをかけてくれた。そして僕は4番手に入ることができた。セカンドロウにつけたのは良いことだし、自分たちのパフォーマンスを示せたことがとても嬉しい」

「クルマは開幕戦や第2戦でのものとは完全に別物だ。完全に新しいクルマでここに戻ってきたようだ」

 翌日の決勝レースに向けた目標について訊かれると彼は「レースで勝つことだ! 僕は達成可能だと思っている。良いスピードがあるし、それができない理由はない」と自信を見せた。

「ただクリーンで接触のない良いスタートを確実にしたい。ここ2戦では良いストラテジーでも接触があったからね。そうすれば、僕らは優勝を争うことができる」

 またマーデンボローは予選でポールポジションには届かなかったとしても、2番手を獲ることも可能だったと考えているようだ。

「僕らはポールポジションに向けては十分ではなかった。純粋なグリップではブリヂストンと勝負にならないんだ」

「でも日産勢でトップの2番手になることは可能だったと思う」

「マシンの挙動についてはチームと話し合うことがいくつかある。特にセクター3だ。そういった点で、僕らは限界までタイムを削れなかったんだ」

 

Read Also:

シェア
コメント
好調の12号車カルソニックGT-Rは予選2番手、佐々木「さすがに今日の8号車は速かった」

前の記事

好調の12号車カルソニックGT-Rは予選2番手、佐々木「さすがに今日の8号車は速かった」

次の記事

2020スーパーGT第5戦富士|決勝順位速報:39号車DENSOが今季初優勝!

2020スーパーGT第5戦富士|決勝順位速報:39号車DENSOが今季初優勝!
コメントを読み込む