NSX-GTがトップ5独占の快挙! ホンダ佐伯LPL「思ってもみなかった結果」

2020年のスーパーGT第7戦もてぎ。GT500クラスでホンダNSX-GT勢がトップ5を独占したことについてホンダの佐伯昌浩ラージ・プロジェクトリーダーは、最高の結果だったとレースを振り返った。

NSX-GTがトップ5独占の快挙! ホンダ佐伯LPL「思ってもみなかった結果」

 ツインリンクもてぎで行なわれた2020スーパーGT第7戦。GT500クラスでは、ホンダNSX-GTが圧倒的な強さをみせ、トップ5を独占するという快挙を成し遂げた。

Read Also:

 ホンダのスーパーGTプロジェクトを指揮する佐伯昌浩ラージプロジェクトリーダー(LPL)は、予想以上の結果だったと語るとともに、今季のチャンピオン獲得に向けて気を引き締めていた。

 予選でトップ3を独占したホンダ勢は、決勝になると序盤からライバル陣営を引き離す走りを披露。特に今季3度のポールポジションを獲得している#8 ARTA NSX-GTが10周目にトップに浮上し、その後もレースを優位に進め、最終的に2番手以下に46秒もの大差をつけて優勝した。さらに2位に#64 Modulo NSX-GTが入ると、#100 RAYBRIG NSX-GTが続き、ホンダ勢が表彰台を独占。後方からスタートした#16 RedBull MOTUL MUGEN NSX-GT、#17 KEIHIN NSX-GTも追い上げを見せ、4位と5位に入り、GT500に参戦するホンダNSX-GT全車により、トップ5が独占される結果となった。

 ホンダの佐伯LPLは、レース途中のセーフティカーが陣営にとって良い方向に傾いたと言いつつも、トップ5独占は予想以上の結果だったと語った。

「予選はトップ3独占でしたけど、決勝で1位から5位まで独占できるとは思ってもみませんでした。やっぱりセーフティカーでの運というのが今回はホンダ側に味方してくれて、我々にとっては最高の結果となりました。でも、レースペースをみていくと、今回は全てのNSX-GTがタイヤマネジメントも含めて、最後まで力強く最後まで安定したペースでレースを行なえたことが、この結果につながったのかなと思います」

 今シーズンの開幕前に佐伯LPLは、FR化したNSX-GTをテストで熟成させることができなかったこともあり「戦いながらセットアップを煮詰めていく」と話していた。それもあってか、特に序盤戦はどちらかというと強気なコメントも少なかったものだ。しかし、第6戦鈴鹿あたりからセットアップの方向性も固まってきたようで、今回の好結果でさらに自信を深めていた様子だった。

「今年のNSX-GTは、開幕戦の時点では未成熟のままスタートしました。伸び代はまだあるだろうと思っていたところが、ここにきて“伸びてきているな”というふうに捉えています。シーズン終盤、ハンデが半減されたもてぎで予選上位を獲れたことは、我々にとっては非常に喜ばしいことでした」

「今年は鈴鹿で2回ともてぎで2回、そして富士で4回とレースがある中で、2回目の鈴鹿(第6戦)あたりから『(セッティングの方向性が)この辺なのかな』というのが見えてきたという感じですね」

 第7戦を迎える前の段階で、17号車(塚越広大/ベルトラン・バケット)がランキング4位、100号車(山本尚貴/牧野任祐)がランキング7位につけていた。今回の結果次第ではチャンピオン争いから脱落する可能性もあったため、レースウィークが始まる前は不安に思うところもあったと佐伯LPLは言う。しかしフタを開けてみれば、3台のNSX-GTがチャンピオン争いに残った。これには佐伯LPLも最高の結果だと語った。

「ここに来る時点で、17号車と100号車に何かあればチャンピオン争いから外れるなと思っていたので、それが全く逆の方向に行きました。8号車も含めてBS(ブリヂストンタイヤ装着)勢3台が、ほぼ点差なく最終戦にチャンピオンをかけて戦えるということで、本当に“最高の結果”になったと思います。我々にとってもチャンピオン獲得へのチャンスが広がったと考えています。最終戦も頑張りたいと思います」

Read Also:

シェア
コメント
ホンダNSXトップ5独占! SCも味方につけたARTA今季初優勝で王座争い混沌

前の記事

ホンダNSXトップ5独占! SCも味方につけたARTA今季初優勝で王座争い混沌

次の記事

トップ6台が4ポイント以内! GT500王座争いは史上稀に見る激戦で最終戦へ

トップ6台が4ポイント以内! GT500王座争いは史上稀に見る激戦で最終戦へ
コメントを読み込む