柳田真孝がスーパーGTに復帰、Cars Tokai Dream28への加入が決定

シェア
コメント
柳田真孝がスーパーGTに復帰、Cars Tokai Dream28への加入が決定
執筆:
2020/01/10 3:00

GT500クラスで2度のチャンピオン経験を持つ柳田真孝が、3年ぶりにスーパーGTに復帰することになった。

 1月10日に開幕した東京オートサロン2020でCars Tokai Dream28が2020年のスーパーGT参戦体制を発表。GT500クラスで2度のチャンピオン経験を持つ柳田真孝が加入することが明らかになった。

 2020シーズンもマザーシャシーのロータス・エヴォーラを使用してGT300クラスにエントリーするCars Tokai Dream28だが、長年ドライバーとして活躍してきた高橋和穂が昨年いっぱいでGT300を引退することになり、その後任となる新ドライバーが誰になるのか注目が集まった。

 東京オートサロンのロータスブースで行なわれた体制発表ではドライバーの出席はなく、ビデオメッセージでふたりの登場。まず、ひとり目のドライバーとして加藤寛規が登場し、続いて新加入となる柳田が姿をみせた。

 柳田は2003年と2010年にGT300クラスでシリーズチャンピオンを獲得すると、2011年と2012年にはロニー・クインタレッリとともにGT500クラスで2年連続王者に輝いた。その後、2017年にHitotsuyama Racingから参戦して以降はフル参戦する機会がなかったのが、今回3年ぶりにスーパーGTに本格復帰することとなった。

 ビデオメッセージに登場した柳田は「加藤選手とチーム、そしてエヴォーラとともにチャンピオンを目指してがんばります。応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。

 またブース内には車両も展示され、早速両サイドには柳田を示す「M.YANAGIDA」の名前が刻まれていた。

Read Also:

Cars Tokai Dream28

Cars Tokai Dream28

Photo by: Tomohiro Yoshita

Related video

次の記事
日産/ニスモが2020年GT500体制を発表。3号車に千代が復帰、12号車に平峰が加入

前の記事

日産/ニスモが2020年GT500体制を発表。3号車に千代が復帰、12号車に平峰が加入

次の記事

GSRが2020年版カラーリングを公開。左右異なる表情のレーシングミクに注目

GSRが2020年版カラーリングを公開。左右異なる表情のレーシングミクに注目
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘