S耐で活躍したMax RacingがGT300に参戦! 久保/三宅コンビで勝利狙う

シェア
コメント
S耐で活躍したMax RacingがGT300に参戦! 久保/三宅コンビで勝利狙う
執筆:
2020/02/07 8:18

昨年までスーパー耐久(ST-Xクラス)に参戦していたMax Racingが、今季はスーパーGT(GT300クラス)に戦いの場を移すことになった。

 これまでスーパー耐久の舞台で活躍していたMax Racingが2020年はスーパーGT(GT300クラス)にレクサスRC F GT3で参戦することを発表した。

 Max Racingはチームオーナーでありジェントルマンドライバーとしても活躍するGo Maxが率いるチーム。2018年からスーパー耐久に参戦を開始しているほか、昨年はフェラーリチャレンジのアジア太平洋シリーズにも参戦するなど積極的に各シリーズに挑戦している。

 スーパー耐久では特に昨年の活躍が目覚ましく、第4戦オートポリスでは予選ポールポジションを獲得。その他のレースでも常に上位争いに絡む活躍を見せた。

 そんな中、2020シーズンはレクサスRC F GT3でスーパーGTにエントリーすることを決定。チーム監督にはスーパー耐久で同チームのドライバーを務めた田中哲也氏が就任し、マシンのメンテナンスはつちやエンジニアリングが担当。タイヤはヨコハマタイヤを使用する。

 注目のドライバーは2年ぶりのスーパーGT参戦となる久保凛太郎が第1ドライバーを務め、昨年はFIA F4日本選手権で活躍した三宅淳詞が第2ドライバーに起用された。

 プレスリリースで参戦体制を発表したチーム代表のGo Maxは「GT300クラスの台風の目となれるような存在感のあるチームとして、1年目から表彰台を狙って全力で戦いたい」と抱負を語った。

 また田中監督も「新しいチームとしての参戦になりますが、将来的に最強のチームになれるように全力で努力したいと思います」と語ったほか、スーパー耐久に引き続きチームのマシンメンテナンスを担当するつちやエンジニアリングの土屋武士代表も「25号車(HOPPY team TSUCHIYA)との兄弟チームとして、共に好成績を挙げられるよう、しっかり準備をして挑みます」とコメントした。

 さらにドライバーふたりも2020シーズンに向けての意気込みを表明した。

久保凛太郎

「今年度MaxRacing のドライバーとしてGT300に参戦致します。SUPER GTは初参戦チームですが、オーナー、田中監督、メンテナンスガレージと心強いサポートのもと、ルーキー三宅選手と共に頑張ります。気合入ってるので応援宜しくお願い致します」

三宅淳詞

「この様な素晴らしい機会を頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。GT300は初めての参戦となるので、監督の田中哲也さんをはじめ沢山の人にアドバイスをしていただきながら着実に結果を残していきたいと思います。精一杯頑張りますので、応援のほど宜しくお願い致します」

Read Also:

次の記事
7台のトヨタ/レクサス車両がGT300に参戦、60号車LMcorsaはミシュランを装着

前の記事

7台のトヨタ/レクサス車両がGT300に参戦、60号車LMcorsaはミシュランを装着

次の記事

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに

トヨタの若手育成システムが再編、最終的にWECやWRCを目指すプログラムに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘