スーパーGT最終戦もてぎにて、戦闘機「F-2B」の歓迎フライトが決定

シェア
コメント
スーパーGT最終戦もてぎにて、戦闘機「F-2B」の歓迎フライトが決定
2018/11/01 9:00

11月にツインリンクもてぎで行われるスーパーGT最終戦の決勝オープニングセレモニーで、戦闘機「F-2B」の歓迎フライトを行われることが発表された。

 11月10日(土)から11日(日)にかけて、ツインリンクもてぎで開催されるスーパーGT最終戦。この決勝前11時35分頃に、航空自衛隊松島基地第4航空団所属のF-2Bによる歓迎フライトが行われることが決まった。

 このF-2Bは、米国のF-16を日本の運用の考え方や地理的な特性に合わせ、優れた技術を結集し日米共同で改造開発した戦闘機であり、最高速度はマッハ約2.0を誇る。

 天候や視界不良などの理由により、中止となる場合があるものの、シーズン最終戦を締めくくるレース直前の雰囲気を盛り上げる、迫力の飛行シーンを目撃できるはずだ。

次の記事
100号車の山本尚貴、大量リードを失うも「逆に同点で済んで良かった」

前の記事

100号車の山本尚貴、大量リードを失うも「逆に同点で済んで良かった」

次の記事

16年振りのGT300王者へ。高木真一「状況に応じて慎重に戦っていく」

16年振りのGT300王者へ。高木真一「状況に応じて慎重に戦っていく」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦もてぎ
ロケーション ツインリンクもてぎ
記事タイプ 速報ニュース