鈴鹿モースポフェスでスーパーGTデモレース決定。GT500は6台が走行

シェア
コメント
鈴鹿モースポフェスでスーパーGTデモレース決定。GT500は6台が走行
2019/01/22 7:15

鈴鹿サーキットで3月に行われる「モースポフェス2019SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」で、スーパーGTのデモレースが行われ、GT500クラス及びGT300クラスのマシンが走行することになった。

 3月2日(土)と3日(日)に鈴鹿サーキットで行われる「モースポフェス2019SUZUKA〜モータースポーツファン感謝デー〜」で、スーパーGTのデモレースが行われることが決定した。

 このデモレースには、GT500クラス及びGT300クラスのマシン複数台が出走し、実戦さながらのバトルが繰り広げられるという。

 なおGT500クラスは、各3メーカーが2台ずつ走らせることが決定。レクサス勢はLEXUS TEAM LEMANS WAKO‘SとLEXUS TEAM SARDが、ホンダ勢はTEAM KUNIMITSUとModulo Nakajima Racingが、ニッサン勢はTEAM IMPULとKONDO RACINGが鈴鹿サーキットを駆け抜ける。

 このスーパーGTのデモレースは、3月2日(土)と3日(日)の両日とも開催。フルコースではなく、東コースでの走行になるという。

次の記事
スーパーGT&DTMの交流戦、欧州での開催は既存DTMレースと共催?

前の記事

スーパーGT&DTMの交流戦、欧州での開催は既存DTMレースと共催?

次の記事

スーパーGT初挑戦の福住仁嶺、一番の課題は「僕の日本語力……」

スーパーGT初挑戦の福住仁嶺、一番の課題は「僕の日本語力……」
Load comments

この記事について

シリーズ General , スーパーGT