スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

本山哲がGT500引退、今季は日産エグゼクティブアドバイザーに

シェア
コメント
本山哲がGT500引退、今季は日産エグゼクティブアドバイザーに
執筆:
2019/02/09 6:25

1997年から22シーズンにわたって日産とともに戦ってきた本山哲がGT500クラス引退を表明した。

 日産のエースドライバーとして22シーズンにわたってGT500クラスに参戦してきた本山哲が、第一線を退くことを発表した。

 本山は1996年にGT300クラスで全日本GT選手権にデビュー。翌年にはGT500へステップアップしチームインパルやニスモなどで活躍。22シーズンで合計16勝、7度のポールポジションを獲得。3度のチャンピオンを獲得した。

 しかし、ここ数年はチャンピオンから遠ざかっており、2015年第3戦タイでの優勝を最後に勝利からも遠ざかっていた。

 そして、2月9日の日産モータースポーツ体制発表でドライバーラインアップから外れ、同時にGT500引退を表明。今年はエグゼクティブアドバイザーとしてGT500クラスの日産系チーム全体をサポートすることになる。

次の記事
日産、GT300ラインアップ発表 GAINERに石川京侍が加入

前の記事

日産、GT300ラインアップ発表 GAINERに石川京侍が加入

次の記事

「今年こそは勝つ!」60号車LMcorsa吉本大樹、新シーズンへの誓い

「今年こそは勝つ!」60号車LMcorsa吉本大樹、新シーズンへの誓い
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita