スーパーGT
07 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
14 days

ニック・キャシディ「ずっと間近で観ていたDTMに出られるのが嬉しい」

シェア
コメント
ニック・キャシディ「ずっと間近で観ていたDTMに出られるのが嬉しい」
執筆:
2019/10/03 10:49

DTM最終戦ホッケンハイムにゲスト参戦するニック・キャシディは以前から間近で観る機会のあったレースへの挑戦を楽しみにしている様子だった。

 ホッケンハイムで開催される2019ドイツツーリングカー選手権(DTM)の最終戦にスーパーGTの車両がゲスト参戦。レクサスは#37 KeePer TOM’S LC500の平川亮とニック・キャシディが参戦する。

 その中でも、キャシディは以前DTMに触れる機会があり、今回のゲスト参戦については感慨深い表情をみせた。

「僕は1年間ヨーロピアンF3に参戦していたことがあって、同じ週末に開催されていたDTMをずっと観ていたから、このシリーズのことはよく知っている。今回はそのレースに僕が参戦できることになり、とても嬉しい」

 そう語ったキャシディ。2015年に全日本F3選手権でチャンピオンを獲得すると、翌2016年はヨーロピアンF3に挑戦しランキング4位を獲得した。このレースはDTMのサポートレースとして開催されることが多く、キャシディも間近でDTMを観る機会が多かったという。

「もちろんレースのレベルはすごく高くて、おそらく世界の中で最も熾烈なシリーズのひとつだと思う。今回僕たちがゲスト参戦して一緒に走ることで、将来的にスーパーGTとDTMがより良い関係を築いていくことを期待している」

 また37号車は平川亮もゲスト参戦を予定しており、ホッケンハイムでのレースに向けてこのように語った。

「ホッケンハイムは僕にとっては初めてのコースですし、向こうはチャンピオンが決まっているとは言えシリーズの最終戦なので……自分たちもどこまでやっていいのか難しい部分はあります。向こうはDRSとかプッシュ・トゥ・パスがあるけど、僕たちはそれがないですし、タイヤも僕たちがいつも使っているものとは違います。そういう意味で、どういう結果になるかは行ってみないと分かりません」

「でも、これをきっかけに世界戦みたいな感じで、交流戦がもっと増えれば良いなとは思っています。まずは将来的につながることを期待していますし、そういうレースになればなと思っています」

 ふたりとも、スーパーGTとDTMの将来的なコラボレーションの一助になればと考えている様子。今季スーパーGTで圧倒的な強さを見せているレクサスのマシンがどんな走りを見せるのか、注目である。

次の記事
小林可夢偉、スーパーGT×DTM特別交流戦に出場決定。なんとBMWをドライブ

前の記事

小林可夢偉、スーパーGT×DTM特別交流戦に出場決定。なんとBMWをドライブ

次の記事

DTMに挑戦するスーパーGT勢。対峙の”鍵”はやはりハンコックタイヤへの理解

DTMに挑戦するスーパーGT勢。対峙の”鍵”はやはりハンコックタイヤへの理解
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ DTM , スーパーGT
ドライバー ニック キャシディ , 平川 亮
執筆者 吉田知弘