スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

日産がGT500ラインアップ発表、王座奪還目指し大シャッフルの布陣

シェア
コメント
日産がGT500ラインアップ発表、王座奪還目指し大シャッフルの布陣
執筆:
2019/02/09 4:50

日産が2019年のスーパーGT(GT500クラス)ドライバーズラインアップを発表した。

 日産は2月9日、2019年のスーパーGT(GT500クラス)のラインアップを発表。当初の噂通り大シャッフルのラインアップとなった。

 昨年は第2戦富士で優勝を飾るも、全体的に苦しいシーズンとなってしまった。今年はマシンの空力性能バランスの改善、重量配分の見直し、エンジン出力向上とパワーカーブの最適化を図っていくという。

 2018シーズン、陣営の中で唯一の勝利を挙げた23号車ニスモは昨年と変わらず松田次生、ロニー・クインタレッリのコンビでチャンピオン奪還を目指す。

 3号車のNDDP RACINGはドライバーを総入れ替え。昨年までレクサス/トヨタ系のマシンで戦っていた平手晃平が加入。さらに2013年、2014年とスーパーGTに参戦していたフレデリック・マコヴィッキィが復帰することが決まった。

 12号車インパルには、レクサスから移籍したジェームス・ロシターが新たに加わり佐々木大樹とともにシーズンを戦う。

 24号車KONDOは高星明誠とヤン・マーデンボローとフォーミュラEに携わるふたりが組むこととなった。

 また、日産系チーム全体を指揮する総監督も変更され、ニスモCOOの松村基宏氏が新たに就任することになった。前任の田中利和氏は新たに3号車の監督となった。

 そして22年にわたって日産とともにGT500クラスで戦い続けた本山哲は、エグゼクティブアドバイザーに就任することになった。

日産 2019日産スーパーGT(GT500)ラインアップ

#23NISMO

松田次生/ロニー・クインタレッリ

#3 NDDP RACING with B-MAX

平手晃平/フレデリック・マコヴィッキィ

#12 IMPUL

佐々木大樹/ジェームス・ロシター

#24KONDO

高星明誠/ヤン・マーデンボロー

次の記事
スーパーGT”引退”の本山哲に、坂東GTA会長がエール「ずっと近くにいて欲しい」

前の記事

スーパーGT”引退”の本山哲に、坂東GTA会長がエール「ずっと近くにいて欲しい」

次の記事

日産、マネジメント陣も刷新。”総力結集”でチャンピオン奪還狙う

日産、マネジメント陣も刷新。”総力結集”でチャンピオン奪還狙う
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 Tomohiro Yoshita