スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
25 days
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
次のセッションまで……
39 days
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
40 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
75 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
96 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled

日産/ニスモ、2020年のモータースポーツ活動の概要を発表

シェア
コメント
日産/ニスモ、2020年のモータースポーツ活動の概要を発表
執筆:
2020/02/16 6:50

2月16日、日産グローバル本社ギャラリーで日産/ニスモのファンイベントが行なわれ、2020年のモータースポーツ活動概要が発表された。

 2月16日、日産グローバル本社ギャラリーで、日産自動車/ニスモの『モータースポーツファンイベント』が開催され、2020年のモータースポーツ活動概要が発表された。

 今年もフォーミュラEとスーパーGTを柱にモータースポーツ活動を行なう日産/ニスモ。フォーミュラEはすでにシーズン6がスタートしており、ドライバーもセバスチャン・ブエミ、オリバー・ローランドで変更はない。

 スーパーGTについては、GT500クラスの参戦体制はすでに発表済み。しかし今回の発表では、新カラーリングをまとった2020年モデルの#23 MOTUL AUTECH GT-Rが展示されるとともに、各マシンのカラーリングのイメージ画像が明かされた。

 中でも、星野一義監督率いるTEAM IMPULを支えてきたカルソニックカンセイ株式会社がマレリ株式会社へと社名変更された影響があるのではないかと考えられていたが、#12 カルソニック IMPUL GT-Rはカラーリング・車名含め大きく変更はなく、ファンお馴染みの”カルソニック・ブルー”は健在のようだ。

#12 カルソニック IMPUL GT-R 2020年カラーリング

#12 カルソニック IMPUL GT-R 2020年カラーリング

Photo by: Nissan

 GT300クラスについてはNILZZ Racing、TOMEI SPORTSを含め計5台のNISSAN GT-R GT3がGT300クラスを戦う。今回、GT3オフィシャルパートナーチームであるGAINERの2台、KONDO RACINGの体制が発表された。

 ヨコハマタイヤを使用するGAINERの10号車は星野一樹/石川京侍、ダンロップタイヤを使用する11号車は平中克幸/安田裕信とドライバーラインアップは維持。一方、10号車はITOCHU ENEXとIMPULが追加され、『GAINER TANAX ITOCHU ENEX with IMPUL GT-R』という車名に変更されている。

 最も大きく体制が変更されたのは、#56 リアライズ 日産自動車大学校 GT-R。スーパー耐久でGT-Rをドライブしてきた藤波清人と、日産陣営で長年レースをし、GT-R GT3での海外レース経験も持つジョアオ・パオロ・デ・オリベイラのコンビにドライバーラインアップが一新されている。

 KONDO RACINGが3カ年計画を掲げて参戦しているニュルブルクリンク24時間レース、その2年目に挑戦するドライバーも発表された。昨年もニュルを戦った松田次生と高星明誠に加え、平峰一貴、オリべイラが新たにラインアップに加わっている。

 ニスモの片桐隆夫社長は、イベントに集まった多くのファンに向けて、次のように語った。

「(#23 MOTUL AUTECH GT-Rの)カラーリングの印象はそれほど変わっておりませんが、まったくの新車であり、ニッサン/ニスモとしてDTMとの共通レギュレーションを煮詰めました」

「今年こそチャンピオンを奪還するため、開幕戦に向けて最大限の開発を進めております。チーム全員の情熱とファンのみなさまの熱い声援を力に変え、参戦する全シリーズで熱い戦いを披露したいと考えております」

「全力で取り組んでまいりますので、引き続きみなさまのご支援、ご声援をどうぞよろしくお願いいたします」

Read Also:

次の記事
SGT王者たちも夢中に! motorsport.comコーナーのレーシングシミュレータが盛況

前の記事

SGT王者たちも夢中に! motorsport.comコーナーのレーシングシミュレータが盛況

次の記事

データエンジニアからドライバーへ……河野駿佑「ここからがある意味スタート」

データエンジニアからドライバーへ……河野駿佑「ここからがある意味スタート」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
チーム NISMO
執筆者 松本 和己