日産/ニスモ、東京オートサロンでGT500クラスのドライバー体制を発表へ

シェア
コメント
日産/ニスモ、東京オートサロンでGT500クラスのドライバー体制を発表へ
2020/01/09 8:28

日産/ニスモは、『東京オートサロン 2020』が開幕する1月10日に、2020年のスーパーGT(GT500クラス)の参戦体制を発表する。

 日産/ニスモは、『東京オートサロン 2020』の会期初日となる10日(金)の午前11時30分から記者会見を行ない、2020年シーズンのスーパーGT GT500クラスのドライバー体制を発表する。

 例年、日産は2月に体制発表を行なうことが多かったが、今年は東京オートサロンでGT500クラスのドライバーを発表することとなった。

 #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rのドライバーとして2019年シーズンを戦ったフレデリック・マコヴィッキィは、ポルシェと共にIMSAにフル参戦することがすでに発表されており、離脱する可能性が濃厚。その他にも、体制を変更するチームがあるのではないかと見られている。

 なお、10日はオートサロンの業界&報道関係者招待日。一般特別公開は14時からとなっているが、記者会見の模様はyoutubeなどでライブ配信される予定だ。

 日産ブース(西ホール215)では2019年のスーパーGTに参戦した#23 MOTUL AUTECH GT-Rの展示が行なわれる他、多くのトークショーが予定されている。

Read Also:

 

次の記事
福住仁嶺がGT300王座獲得と共に手にした“新たな改善点”

前の記事

福住仁嶺がGT300王座獲得と共に手にした“新たな改善点”

次の記事

日産/ニスモが2020年GT500体制を発表。3号車に千代が復帰、12号車に平峰が加入

日産/ニスモが2020年GT500体制を発表。3号車に千代が復帰、12号車に平峰が加入
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT