スーパーGT
06 8月
イベントは終了しました
20 8月
イベントは終了しました
11 9月
Canceled
10 9月
イベントは終了しました
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
7 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
24 10月
次のセッションまで……
28 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
42 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
63 days

SGT第2戦|12号車カルソニック、接触行為で40秒加算ペナルティ。11位に降格

シェア
コメント
SGT第2戦|12号車カルソニック、接触行為で40秒加算ペナルティ。11位に降格
執筆:

2020スーパーGT第2戦富士。レース終盤に起きた接触行為により#12 カルソニック IMPUL GT-Rに対してレースタイムに40秒加算するペナルティが出た。

 富士スピードウェイで行なわれた2020スーパーGT第2戦決勝。当初はGT500クラス6番手でチェッカーを受けた#12 カルソニック IMPUL GT-Rだったが、レース後に40秒加算のペナルティが出された。

 4番手からスタートした12号車は平峰一貴がスタートスティントを担当。1周目に3番手に浮上するなど好調な走りを披露していた。その後、佐々木大樹にバトンタッチし、終盤は#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)と5番手争いをしていたが、残り2周のダンロップコーナーでGT300クラスの#11 GAINER TANAX GT-Rと接触してしまった。これにより11号車はスピンしコース上に立ち往生。12号車も100号車に先行される形となってしまい6番手でチェッカーを受けた。

 しかし、レース終了直後に11号車と12号車の接触の件が審議となり、12号車は「危険なドライブ行為」があったとして、レースタイムに40秒を加算されるペナルティを受け、正式結果では11位となった。

 これにより日産勢での最上位は#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの8位となった。

Read Also:

SGT第2戦 GT300決勝|2号車ロータス・エヴォーラがピットストップで逆転し初優勝をマーク

前の記事

SGT第2戦 GT300決勝|2号車ロータス・エヴォーラがピットストップで逆転し初優勝をマーク

次の記事

ヘイキ・コバライネンに再入国許可が下りる! 第3戦鈴鹿からSGT復帰へ

ヘイキ・コバライネンに再入国許可が下りる! 第3戦鈴鹿からSGT復帰へ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦 富士
執筆者 吉田知弘