25号車MCと成長した5年間……松井孝允「このクルマがあったから今の自分がある」

シェア
コメント
25号車MCと成長した5年間……松井孝允「このクルマがあったから今の自分がある」
執筆:
2019/12/28 9:07

2019シーズンいっぱいでスーパーGTの舞台から姿を消すことになったつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。このマシンに携わり、苦楽を共にしてきたドライバーたちが“マザーシャシー”について語る。

 “若い職人を育てる”ことをテーマに掲げ、これまで5シーズンにわたってスーパーGTの舞台で戦い続けてきたつちやエンジニアリングの25号車マザーシャシー。この1台に携わり、若いメカニックだけでなく、ドライバーたちも成長を遂げた。

【連載】25号車マザーシャシーで成長したドライバーたち:(4)山下健太

 振り返ってみると、山下健太や坪井翔など1年間このマシンで戦ってGT500クラスへステップアップしていったドライバーもいれば、25号車とともにキャリアを歩み続けたドライバーもいる。それが松井孝允だ。

 TDPの育成ドライバーとしてトップカテゴリーを目指した松井だったが、思うように結果を残せずステップアップの道を閉ざされてしまい、一度は挫折を経験した過去を持っている。しかし、そこで土屋武士に声をかけられ、つちやエンジニアリングに加入。2014年のJAF-F4レギュラー参戦を経て、2015年に同チームからスーパーGTデビューを果たすと、翌2016年にはシリーズチャンピオンを獲得した。

 そして気がつくと、誰もよりも多く25号車マザーシャシーで走り続けたドライバーとなっていた。

「マザーシャシーについて、いい部分で言うと“速いクルマ”でしたけど、悪い部分で言うと“暑い”んですよね。正直それが僕は一番辛かったですね(笑)。でも、それ以外は本当に悪い思い出はなかったです。確かにレースになれば苦しくなることはありましたけど、本当にいいクルマだなと思いましたし、色んなことを経験させてもらった1台でした」

 そう語った松井。この5シーズンの間に山下健太や坪井翔など現在GT500クラスで活躍するドライバーとタッグを組み、様々な想いや経験を共有してきた。25号車を誰よりも多くドライブしてきた分、彼にしか得られなかった経験もたくさんあったという。

「僕にとっては、ドライビングを教えてくれたクルマと言いますか……(土屋)武士さんをはじめ、山下選手、坪井選手、そして今年組んだ佐藤選手もそうですけど、歴代(一緒に)乗ったドライバーのドライビングを、僕は一番近い場所で見させてもらえました」

「色んなカテゴリーを見ていると、今まで乗ってきたドライバーはそれぞれのカテゴリーで速さをみせています。そういったドライバーたちと一緒に組んで様々なことを吸収させてくれた……そういうきっかけを与えてくれたクルマでした」

 スーパーGT参戦初年度の2015年当時はトップカテゴリーでの活躍経験がなく、ほぼ無名に近い存在だった松井。そこから、この25号車マザーシャシーとともに着実に力をつけ、現在ではスーパー耐久やニュルブルクリンク24時間レースなど様々な場面で活躍をみせている。

 そして2019シーズンのスーパーGTでは、BoPによる追加ウエイトハンデが50kg(富士ラウンドのみ20kg)という厳しい条件下でポールポジションを3度獲得する“速さ”をみせ、今やGT300クラス屈指のトップドライバーとなった。

 それは単なる偶然ではなく、これまで5シーズンに渡って多くのドライバーとともに、この25号車マザーシャシーを早く走らせようと試行錯誤してきた中で得られた“結果”だという。

「あのクルマがなかったら、僕は今このレベルでは戦えていないと思います。2019年に3回ポールポジションを獲らせてもらったのは、今まで組んできたドライバーとの経験があって、それをうまく吸収できた結果だと思います」

 普段からあまり多くは語らない松井だが、このマシンに対する想いは他の誰よりも強い様子だ。2019シーズン最終戦もてぎのレース後に行なわれたサムライサポーターズのミーティングで、彼は最後にこのように語ったのが印象的だった。

「僕もレーシングドライバーとしてのスタートを切ったのはあのクルマでしたし、みなさんと出会えたのもあのクルマがあったからこそ……だと思っています。もちろんチャンピオンを獲らせてもらえたことも感謝しています。また、このクルマが見れることを僕自身もちょっと期待して……また皆さんとともに走れたらなと思います。ありがとうございました」

連載 最終回へ続く……

Read Also:

#25 HOPPY 86 MC

#25 HOPPY 86 MC

Photo by: Masahide Kamio

次の記事
平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ

前の記事

平峰一貴がニッサンのGT500候補に浮上? 動きが絶えない2020ストーブリーグ

次の記事

言葉で表現できないほど“想いが詰まった1台”……土屋武士が語る25号車MCとは

言葉で表現できないほど“想いが詰まった1台”……土屋武士が語る25号車MCとは
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
ドライバー 松井 孝允
執筆者 吉田知弘