ピットイン手前でのタイムロスが痛手に、8号車ARTAの野尻&福住「まだ何かが足りない」

2020年のスーパーGT第6戦鈴鹿で、GT500クラス3位表彰台を獲得した#8 ARTA NSX-GTの野尻智紀と福住仁嶺は、ピットストップの手前でのタイムロスが順位を落とすきっかけになったこと語った。

ピットイン手前でのタイムロスが痛手に、8号車ARTAの野尻&福住「まだ何かが足りない」

 鈴鹿サーキットで行なわれた2020スーパーGT第6戦で、今季3度目のポールポジションを獲得しながらも、優勝を飾ることができなかった#8 ARTA NSX-GT。野尻智紀は、前進した部分と改善がさらに必要な部分が明らかになったと、レースを振り返った。

 今回は野尻が第1スティントを担当し、GT300との混走をうまく使って後続との差を広げ、12周目には5.5秒のリードを築いた。ただ、ピットストップのタイミングでGT300のトラフィックに引っかかってしまい、それが大きなタイムロスにつながったという。

「(前半スティントは)自分のペースやトラフィックのタイミングについては、そんなに悪くなかったんじゃないかなと思います。それもあって、後ろとのギャップも少しずつ広げられました。その辺まではうまくいっていたかなと思います」

「ただ、ちょうど僕がピットに入る1周前くらいにトラフィックに捕まってしまいました。その中で、後ろとの差を縮められてしまいましたし、最終コーナーでピット入り口に入ったところでもGT300の車両に詰まってしまいました。そこで3秒くらいはタイムロスしました」

 そこでのタイムロスが大きく影響し、8号車は翌周にピットストップを行なった#12 カルソニック IMPUL GT-R、#64 Modulo NSX-GT、#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-Rの先行を許すことになった。

 後半スティントを担当した福住は、まだペースの上がらない3号車と64号車の逆転に成功したものの12号車の攻略には至らなかった。その際、12号車の平峰一貴がバックストレートでウィービングを行なっていたが、福住は危険な行為だったと難色を示した。

「バックストレートで(平峰に)すごく危ない行為をされました。僕としては、あの行為は本当にあり得ないと思います。僕がスロットルを緩めていたから大丈夫でしたが、あそこでそのまま全開でいっていたらぶつかったと思います。あの行為を黒白旗の裁定で終わらせるというのは、僕としては納得できないなと思います」

「腹立たしくなる場面もありましたが、落ち着いてしっかりとポイントを獲得しないといけないということが、頭の中にあったので、ヒートアップせずに落ち着いて行くことに集中しました。セーフティカーのタイミングも良くなくて、23号車(MOTUL AUTECH GT-R)に前に行かれたのも痛かったですね」

「再開後は自分もペースを落とさずに走っていましたけど、自分もアンダーステアに苦しめられました。そこでペースを上げることができませんでした。特に前に誰かが走っている状況ではペースを上げるのが難しかったです。それもあって12号車を追い抜くことができず、3位で終わってしまいました。僕としては優勝しか狙っていなかったので、3位は悔しいです。ちゃんと完走して、前回の鈴鹿大会(第3戦)とは違う形で終われたので、良かったと思います」

 そう自身のスティントを振り返った福住。今シーズンも残り2戦となったが、次戦はウエイトハンデも半減されるため、今以上にパフォーマンスを上げないと勝つのは難しいと考えているようだ。

「僕としてはまだ厳しいのかなと思っています。また(ウエイトハンデの半減やノーウエイトなど)イコールコンディションになったら、まだまだ負けている部分はあると思います。でも、その中でシーズン最初の頃とは動きが違うし、僕も野尻選手も色んなフィードバックを経て改善点はわかってきていると思います。それを信じて、あと2戦がんばりたいなと思います」

 一方の野尻は、今回のレースでポジティブに捉えられる部分もあったというが、福住同様に残り2戦はさらにレベルアップして臨む必要があると気を引き締めていた。

 それでもランキングトップの大嶋和也/坪井翔(#14 WAKO’S 4CR GR Supra)とは19ポイント差ということで、逆転王座の可能性はまだ残っていることもあり、野尻は最後まで諦めずにいくと意気込みを見せた。

「(チャンピオン争いについては)まだまだいけるんじゃないかなと思っています。ただ今のままでは、ちょっと足りないと感じています。今回は周りより(ウエイトが)軽くて、あの順位だから、そういったところを考えると今のままでは足りない。それを次までにどう補っていくかが重要です」

「次のもてぎでは(ウエイトが)そんなに重くないです。前回(第4戦)も17号車が調子よく走っていましたし、ホンダとしても得意なサーキットだと思います。今の時点でトップと19点差なので、次で優勝したらかなりチャンスは出てくると思います。まだまだ諦めずにいきたいです」

Read Also:

シェア
コメント
最高速度マッハ2。航空自衛隊F-2Bの歓迎フライトがスーパーGTもてぎで実現へ

前の記事

最高速度マッハ2。航空自衛隊F-2Bの歓迎フライトがスーパーGTもてぎで実現へ

次の記事

キャシディ、スーパーGTの終盤2戦の欠場が決定。代役は山下健太が担当

キャシディ、スーパーGTの終盤2戦の欠場が決定。代役は山下健太が担当
コメントを読み込む