早くも日産ファミリーの一員に……松下信治、新天地でリラックスした表情見せる

今季から日産に移籍してスーパーGTのGT500クラスに参戦する松下信治。彼は早くも新天地で仲間たちからの歓迎を受けているようだ。

早くも日産ファミリーの一員に……松下信治、新天地でリラックスした表情見せる

 2021シーズンも4台体制でスーパーGTのGT500クラスに参戦する日産は、2月13日にオンラインで今季のモータースポーツ活動概要の発表とファンミーティングを開催。同陣営に移籍し注目を集めている松下信治が、新天地で迎える新シーズンに向けた意気込みを語った。

 通常なら横浜にある日産グローバル本社ギャラリーでスポンサー関係者やメディア、ファンも集まったなかで体制発表が行なわれるのだが、今年は新型コロナウイルスの影響で全てオンライン配信のみとなり、出席したドライバーも密になるのを避けるため3ヵ所に分かれて出演した。

 その中で、松下は今季所属するチームインパルの青いウェアを着て登場。彼の加入は同じ日産のドライバーたちにとっても大きな刺激となっているのは間違いない模様。#23 MOTUL AUTECH GT-Rの松田次生は「正直(松下の日産加入は)僕も驚きました。こういう刺激のあるドライバーが入って来たことによって、(他の)ドライバーのモチベーションも上がると思います」とコメントするなど、かなり意識している様子だった。

 松下というと、これまでホンダ系のドライバーとして活躍してきたこともあり、日産とは無縁のように見えがちだが、今季同陣営で戦う佐々木大樹や高星明誠(共にKONDO RACING)とは、カート時代から切磋琢磨してきた仲間ということもあり、それをきっかけに早くも日産ファミリーの中に溶け込んでいるという印象で、終始リラックスした表情をみせていた。

 これまで、フォーミュラカーレースを中心に戦ってきた松下。スーパーGTのGT500クラス挑戦は初めてとなるのだが、まずは同じGT-Rを駆るメンバーの中で一番になることを目標にしたいと目標を立てていた。

「フォーミュラでも、まず最初はチームメイトが一番のライバルになるんですが、GTの場合だと同じGT-R勢のメンバーがライバルになると思います。なかでも松田選手とは初めて一緒にレースをすることになりますし、大樹とはずっと一緒に戦ってきました。2人ともいろんな経験を積んで、たくさんのスキルを持っていると思います。僕も1年目ですけど、負けずに張り合っていきたいなと思います。

「僕は今までフォーミュラにしか乗ったことがなくて、今年は初めてのGT500のチャレンジとなりますが、(チームインパルは)やっぱり激しいチームの印象もあるので、ガンガンと戦っていきたいと思います。開幕戦から星野一義監督、平峰一貴選手と一緒に頑張っていきますので、応援よろしくお願いします」

 一方、松下とコンビを組む平峰も、インパルらしい勢いのある走りを見せたいと意気込みを披露した。

「(昨年は)すごく楽しいシーズンでした。僕自身、勉強することもたくさんあったんですけど、いい意味で暴れられた時もあったかなと思います。今年から松下選手と一緒に組むことになりますが、彼と一緒に12号車で勢いのある走りを見せられるように頑張りたいと思います」

 チームインパルを率いる星野監督は、細かな言い訳をせずにとにかく速く走るドライバーを好む。そのチームに新たに加わることとなった松下だが、“元祖日本一速い男”に気に入られるパフォーマンスを披露できるか、彼の新天地での挑戦は、より一層目が離せないものとなりそうだ。

Read Also:

シェア
コメント
Yogibo Drago CORSE、始動。道上龍&密山祥吾、監督に芳賀美里据え3年後の戴冠目指す

前の記事

Yogibo Drago CORSE、始動。道上龍&密山祥吾、監督に芳賀美里据え3年後の戴冠目指す

次の記事

4年ぶり、スーパーGTにフェラーリが登場。PACIFIC、CARGUYとのジョイント参戦発表

4年ぶり、スーパーGTにフェラーリが登場。PACIFIC、CARGUYとのジョイント参戦発表
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘