スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
27 days
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
次のセッションまで……
41 days
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
42 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
77 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
98 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled

動画で振り返るスーパーGT(3)秋のFSWで繰り広げられた“シーズン最後の特別戦”:~富士スプリントカップ~

シェア
コメント
動画で振り返るスーパーGT(3)秋のFSWで繰り広げられた“シーズン最後の特別戦”:~富士スプリントカップ~
執筆:
2020/04/21 8:47

新型コロナウイルスの影響で国内外のレースが開催延期を強いられる中、スーパーGTの公式YouTubeチャンネルでは過去のレース動画をノーカットで配信している。その中で編集部が厳選した名場面とともに注目のレースをピックアップする。第3回目は特別戦として開催された「富士スプリントカップ」だ。

 昨年11月、富士スピードウェイで「スーパーGT×DTM特別交流戦」が開催され、シーズン締めくくりのドリームマッチとして大きな盛り上がりをみせた。しかし実は、約10年前にもシーズン締めくくりの特別戦が行なわれていたのをご存知だろうか?

 その名は『JAFグランプリ FUJI SPRINT CUP』。スーパーGTを運営するGTアソシエイション、フォーミュラ・ニッポン(現スーパーフォーミュラ)をプロモートする日本レースプロモーション、そして舞台となる富士スピードウェイの3社が中心となり、国内を代表する2つのカテゴリーが2日間かけて同時開催されるという前代未聞のイベントだった。

 その中でスーパーGTは、普段とは全く異なるレースフォーマットを採用した。通常ならGT500とGT300が混走し、途中でドライバー交代を行なうのだが、この特別戦では別々のクラスに分けてレースを実施。ドライバー交代は禁止され、土曜日と日曜日にGT500とGT300のレースをそれぞれ1レースずつ、合計4レースに分けて開催。これにより同じチームに所属する2名のドライバーがそれぞれの曜日のレースで争った。さらに通常のローリングスタートではなくスタンディングスタートを採用。もちろんウエイトハンデは全車ゼロというイコールコンディションで、普段見られなかったGTマシンの超接近戦のバトルが実現した。

 この富士スプリントカップは2010年から2013年まで11月下旬に開催され、それぞれで名勝負が繰り広げられた。今回ピックアップしたのは2012年のGT500クラスRace2。そのシーズンを盛り上げた各チームのエースドライバーがエントリーしたが、その中でも光る走りを見せたのが立川祐路(#38 ZENT CEURMO SC430)と中嶋一貴(#36 PETRONAS TOM’S SC430)。白熱したトップ争いを繰り広げた。

 好スタートを決めた立川がトップに躍り出たが、すかさず2番手に上がった中嶋が接近し、ほぼ毎周に渡って抜きつ抜かれつの見応えあるバトルを繰り広げた。

 現在、スーパーGTのオフィシャルYouTubeチャンネルでこのレースの動画がノーカットで公開されている。SC430同士の激しい攻防戦を制したのは立川だったのか、それとも中嶋だったのか……。ぜひこの機会に、レースの行方を見届けるとともに当時の興奮と感動をお茶の間で味わってほしい。

Read Also:

次の記事
【インタビュー】サッシャ・フェネストラズ:第2回「F1は常に頭の片隅にある」

前の記事

【インタビュー】サッシャ・フェネストラズ:第2回「F1は常に頭の片隅にある」

次の記事

新マシン登場でGT300勢力図は一変? 前年王者高木真一「周りがすごく速くて焦った」

新マシン登場でGT300勢力図は一変? 前年王者高木真一「周りがすごく速くて焦った」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘