地獄から天国へ。大逆転勝利の23号車ニスモ、松田次生「結果で感謝を伝えたかった」

スーパーGT第6戦鈴鹿は、GT500クラス最後尾から#23 MOTUL AUTECH GT-Rが逆転優勝を飾った。予選でクラッシュを喫した松田次生は、チームへの感謝を語った。

地獄から天国へ。大逆転勝利の23号車ニスモ、松田次生「結果で感謝を伝えたかった」

 穏やかな秋の日差しが降り注ぐ中戦われた2020年スーパーGT第6戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』。GT500クラスで優勝したのは#23 MOTUL AUTECH GT-R。前日の公式予選ではQ1を担当した松田次生がダンロップコーナーで大クラッシュ。幸いドライバーには大きなケガはなかったが、クルマは大破。NISMOが総出でクルマを直して臨んだ決勝だけに、まさに地獄から天国へ、というレースだった。

Read Also:

 優勝会見場に現れた松田は「今回は予選からクルマの調子が良くて、久々に行ける、と実感していました」と切り出した。

 そして「まぁ昨日(の公式予選中のクラッシュ)は、自信がありすぎたせいもあって、チームとロニーには申し訳なかったですね」と苦笑いしながらも「だから今日は何とか結果でみんなに感謝を伝えたかった」とコメントしていた。

 この日の最大の勝因となったルーティンピットのタイミングについては「ロニーさんがポジションを上げて来ていたのは分かっていましたが、ドライバー交代してピットアウトしていったらバックミラーに12号車(カルソニック IMPUL GT-R)と8号車(ARTA NSX-GT)が映っていたので。最初は『周回遅れにならなくて良かった』と思ったんです」と会見場に集まった取材記者を和ませながらも「ピットからトップになってると言われた時にはちょっとビックリしたけれど、SCランが続いていたので、リスタートをうまく決めれば逃げ切れる、と自分に言い聞かせました」とコメント。

 後方からNo.12 カルソニック IMPUL GT-Rの平峰一貴に迫られたシーンについては「GT300のバックマーカーに追い付いて、ラインを外した時にはピックアップに悩まされてペースも落ちてしまいましたが、目の前がクリアーになったところでペースを上げていくと(ピックアップを)取ることができたので、後は心配せずに走っていました」と振り返っていた。

 一方、スタートと前半のスティントを担当したロニー・クインタレッリは、ルーティンピットのタイミングについて「今日のレースでは最後尾スタートでしたが、このところ毎戦のように、レース中にセーフティカー(SC)が出ていることが多いから、どんな展開になっても対処できるよう、チームとはコミュニケーションを重ねてきました」と準備万端で臨んだことを明かしたのちに「クルマの調子は良くて、前方がクリアになったところで数ラップ、プッシュしていたタイミングでピットから無線が入ったんです」と現状報告を続けた。

「130Rだと無線がうまく伝わってこないので、シケインに向かう途中で自分からピットに連絡を入れました。そうしたら『SCが入りそうだからピットインして!』と言われピットロードに向かったんです」

 さらに「ピットロードの入り口では信号が(ピットイン禁止に)変わらないように、と祈りながらピットに戻ってきました。そしてツギオさんに代わってピットアウトしていった後はピットロード出口の信号が(ピットアウト禁止に)変わらないように祈ってました」と心情を吐露。さらに「12号車と8号車の前でコースインできたので、ピットのみんなと抱き合って喜びました」と臨場感たっぷりに続けていた。

 松田とクインタレッリのコンビは長く、意気もピッタリ。取材記者から通算22勝の印象を聞かれた松田が「今年何とか21勝目をと思っていて8月の鈴鹿で21勝目が達成できましたが、正直言って今シーズンのうちに22勝目を挙げることができるとは思ってなかったです」としながら「ここまで来たらもう1回勝って23勝にすると日産になるので、是非とも目指したいですね」と会場を和ませると、クインタレッリが「僕も今日勝って、今まで並んでいた本山さんを一つ越えて単独3位になったんだけど、ツギオさんの記録には追い付けないよ」と突っ込み、それに応えるように松田が「でもロニーは何回もチャンピオンになっていて、これも僕には追い付けないから」と応酬。会場には笑顔と笑い声があふれていた。

 そんな和やかな空に包まれた優勝会見だったが、タイトル争いに話が向けられると、真顔に戻ったクインタレッリは「今日の優勝で確かランキング3位です。ただ、次回のもてぎではウェイトが半分になるし、最終戦の富士ではウェイトがゼロになります。やはり実力で前に行かないとチャンピオンを手繰り寄せることは難しいですね」ときっぱり断言していた。

Read Also:

シェア
コメント
SGT第6戦|GT300決勝レポート:ピットタイミングも奏功し21号車アウディが優勝
前の記事

SGT第6戦|GT300決勝レポート:ピットタイミングも奏功し21号車アウディが優勝

次の記事

鈴鹿制した21号車アウディの川端&近藤、マシンの仕上がりに手応え「この勢いに乗りたい」

鈴鹿制した21号車アウディの川端&近藤、マシンの仕上がりに手応え「この勢いに乗りたい」
コメントを読み込む