中嶋大祐、今季ベストリザルトも「表彰台を狙っていたから嬉しくない」

シェア
コメント
中嶋大祐、今季ベストリザルトも「表彰台を狙っていたから嬉しくない」
執筆: 吉田知弘
2018/09/19 9:15

2018スーパーGT第6戦SUGO。#16 MOTUL MUGEN NSX-GTは今季ベストの4位フィニッシュを飾るも、中嶋大祐はあまり嬉しくないと語った。

 スポーツランドSUGOで行われたスーパーGT第6戦。GT500クラスで4位に入った#16 MOTUL MUGEN NSX-GTだが、後半スティントを担当した中嶋大祐は表彰台に一歩届かず悔しい表情を見せた。

 今回は16kgと軽いウエイトハンデで臨み、上位フィニッシュを狙っていた#16 MOTUL MUGEN NSX-GT。予選では5番手に食い込む活躍をみせた。

 決勝でも、ところどころで後続のマシンに迫られるなど苦しい場面があったが、前半スティントでは武藤がきっちりとポジションを死守し、後半の中嶋につないだ。

 チャンスが訪れたのは終盤のセーフティカー導入時のこと。これで前方との差が一気に縮まると、残り6周での再スタートで一気にプッシュをかけた。直後の1コーナーで4番手の#38 ZENT CERUMO LC500のインに飛び込むが、オーバーテイクすることはできず。それでも諦めずに翌周のメインストレートで4番手に浮上した。そのまま3番手の#12 カルソニック IMPUL GT-Rの背後に迫ったが、0.3秒届かずチェッカーフラッグ。チームとしては今季ベストとなる4位フィニッシュを飾るも、僅差で表彰台を逃した。

 中嶋は表彰台を狙っていたと語り、それが叶わず悔しい表情をみせた。

「表彰台を獲得するというのは僕たちにとっては大きなことだったので、“4位もビリも一緒”という気持ちで3位を狙っていました。タラレバを言っても仕方ないですが、セーフティカーなどの外的要因が影響してしまいました。個人的には……正直あまり嬉しい結果ではないです」

 ただ、今回ヨコハマタイヤが新仕様のタイヤを持ち込み、それを後半スティントの中嶋で使用。シーズン序盤からの課題だった、スティント途中からのパフォーマンスダウンもなく安定して走れたという。

「ヨコハマタイヤさんが新しいタイヤを作ってきてくれて、オートポリスのテストでも調子が良かったので、第2スティントで使いました。それがすごく良くて、今まではスティントの途中でガクッと(タイヤ)がタレてしまっていたのが、今回は最後まで持ちました。そこはすごい収穫だったと思います」

 また、武藤も今回は大きなステップを踏めたと語り、この調子で次回のオートポリスも臨みたいと意気込んだ。

「結果は4位で表彰台に届きませんでしたが、誰もミスがなかったし、自分たちが持っているパッケージの力は出し切れたと思います。今回、ヨコハマタイヤさんが新しく作ってくれたタイヤを第2スティントで使ったら、すごく良さそうでした。そこの部分でも一歩前進できたかなと思います」

「今回はひとつステップを踏めたのは確かです。オートポリスでは、より高いレベルでレースができればなと思っています」

次の スーパーGT ニュース
コースオフが響き“惜しい”3位、佐々木&マーデンボロー「次は勝つ」

前の記事

コースオフが響き“惜しい”3位、佐々木&マーデンボロー「次は勝つ」

次の記事

立川祐路「ここ数戦、感触はずっと良い。残り2戦とも勝つつもり」|スーパーGT第6戦SUGO決勝

立川祐路「ここ数戦、感触はずっと良い。残り2戦とも勝つつもり」|スーパーGT第6戦SUGO決勝
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
サブイベント 日曜日 レース
ドライバー 中嶋 大祐 , 武藤 英紀
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース