SUGOが“スゴーく”好きな山内英輝「自信持って走れた、PPは本当に嬉しい」

シェア
コメント
SUGOが“スゴーく”好きな山内英輝「自信持って走れた、PPは本当に嬉しい」
執筆: 吉田知弘
2018/09/15 12:57

2018スーパーGT第6戦SUGO。GT300クラスでポールポジションを獲得した#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝は、ようやく獲得できたポールポジションに安堵の表情を見せた。

 スポーツランドSUGOで行われている2018スーパーGT第6戦。GT300クラスで今季初ポールポジションを獲得した#61 SUBARU BRZ R&D SPORTが予選セッションを振り返った。

 GT300クラスのQ1は、まだコース上にウエットパッチが残る難しいコンディションだったが、Q1担当の井口が1分18秒665を叩き出しトップ通過を果たし、SUGOでポールポジション経験のある山内につないだ。

 Q2では、山内が唯一1分17秒台をマーク。コースレコードに0.2秒差の1分17秒685でポールポジションを獲得した。

「スバルに入って4年目で、やっとポールポジションがとれました。すごく長かったんですけど、スバルファンの皆さんが応援してくださっていた中で、こうして(ポールを)獲れたことが本当に良かったです」

「井口選手がQ1トータルトップで帰ってきたので、プレッシャーはかかりましたが、僕も頑張ろうと思って臨むことができて、良い走りができました。ダンロップタイヤさんとチームのみんなの頑張りがあったから、今日のアタックができたと思うので、本当に感謝しています」

 そう、予選を振り返った山内。自身でもSUGOは得意という意識があるのか?という質問に対しても、「はい、SUGOは“スゴーく”好きです(笑)」と冗談交じりで回答するほど上機嫌。それだけ今回のポールポジションが嬉しかったようで、いつも通り自信を持って走れていたという。

「冗談は抜きにして、ここはF3時代から得意なサーキットですし、いつも自信を持って走れるところですね」

 一方、Q1を担当した井口も「(SUGOが速い)山内選手と組めて良かったなと思いました」と、心から山内を信頼していた様子だった。

「午前中から天候が難しい中で、レインタイヤしか履いていない状況で、(ドライの)新品タイヤを予選で履かなきゃいけなかったので、本当にプレッシャーがありました」

「何とかトップタイムをとれて、うまくつなぐことができました。Q2で素晴らしいラップを刻んでくれた山内選手に感謝しています」

 今シーズンの#61 SUBARU BRZ R&D SPORTは第3戦鈴鹿での3位表彰台を除いては全てトラブルでリタイアを喫している。井口、山内ともに明日の決勝レースに向けては、このように意気込みを語った。

「第5戦富士が終わって、トラブルの原因もつかめていますし、その後のSUGOのテスト、オートポリスのテストでロングランも含めてしっかり走れた実績があります。(トラブルへの心配は)正直、分からない部分がありますが、しっかり準備はしてきたつもりです。メカニックのみんなはすごい大変な思いをして乗り越えてきているので、それを僕たちドライバーが(結果で)返せるように明日は熱い走りをしたいと思います」(井口)

「井口選手と同意見です。それだけの準備をしっかりしてきたので、大丈夫だと信じて走っていきたいなと思います。後続に対してマージンを作るという部分では、ポールからスタートできるのはすごく良いことです。僕たちドライバーは、後ろを引き離すことだけを考えて、あとはチームを信頼して頑張りたいです」(山内)

次の スーパーGT ニュース
野尻智紀、マシンの仕上がりに確かな自信「ドライビングに応えてくれる」

前の記事

野尻智紀、マシンの仕上がりに確かな自信「ドライビングに応えてくれる」

次の記事

バトン、スーパーGT初ポールに笑顔「クルマもタイヤもうまく機能した」

バトン、スーパーGT初ポールに笑顔「クルマもタイヤもうまく機能した」
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第6戦SUGO
サブイベント 土曜日 予選
ドライバー 井口 卓人 , 山内 英輝
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース