100号車NSX-GTの山本尚貴「今回も勝つことだけに集中する」

シェア
コメント
100号車NSX-GTの山本尚貴「今回も勝つことだけに集中する」
執筆: 吉田知弘
2018/10/19 11:33

2018スーパーGT第7戦オートポリス。#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴は、タイトルのことは深く意識せず、今回も勝つことだけを目指して集中していきたいと語った。

 今週末、オートポリスで開催されるスーパーGT第7戦。今回の結果次第でチャンピオン獲得の可能性もある#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴だが、チャンピオンのことは深く意識せず、“このレースで勝つこと”だけを考えていきたいと語った。

 前回の第6戦スポーツランドSUGOで今季初優勝を飾り、GT500クラスでランキング首位に浮上した#100 RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組。2番手以下に対し12ポイントという大量リードを築いており、結果次第では最終戦を待たずにチャンピオン獲得の可能性がある。

 しかし、山本は今回で必ずチャンピオンを決めたいと意気込む様子はなく、純粋に“オートポリス戦でも勝利を飾ること”に集中してレースに臨みたいと語った。

「今回も“勝ちたい”。ただ、それだけです」

「僕たちが勝つだけではチャンピオンは獲れないですし、ライバルの順位次第になってくる部分があります。そこはあまり細かく考えていません」

 ここオートポリスと#100 RAYBRIG NSX-GTとの相性は良く、昨年もポールポジションを獲得し決勝でも3位を獲得している。さらに8月下旬にはタイヤテストも行っており、データは豊富なはずだ。それでも、山本はこれらの要素はアドバンテージにはならないという。

「昨年が速かったから今年が速いかというと、そういうわけではありません。昨年とは違う部分があるし、その時のデータがそのまま使えるわけではありません。その点は良くも悪くも“リセット”されていると思います。『昨年が良かったから』というイメージはあまり持たない方がいいなと思っています」

「8月にタイヤテストも行いましたが、その時の気温が30度以上あって、今週末とはまるで違うコンディション。ここの部分もある意味“リセット”されています」

 いずれにしても、残り2戦はチャンピオン獲得のためにも好結果が求められる。またチームとしても、チャンピオンシップをリードしている状態で終盤戦を迎えたケースは過去にほとんどない。

 山本は、チャンピオン争いのプレッシャーに屈することなくチームを引っ張る存在になりたいと、終始冷静だった。

「チームにとっても(チャンピオン争いをリードすることは)経験したことのない状況なので、実際に週末を過ごしてみたら、経験がないプレッシャーにも晒されると思います。そういう時こそジタバタすることなく、どっしりと構えることが重要です。そういう意味でもドライバーとしてチームを引っ張っていきたいですし、JB(ジェンソン・バトン)とも協力して、うまく戦いたいなと思います」

次の記事
念願のタイトルへ。高木真一「チャンピオンを獲るための走りを」

前の記事

念願のタイトルへ。高木真一「チャンピオンを獲るための走りを」

次の記事

連覇を目指す0号車GSR。攻めたタイヤ選択でチャンス掴めるか

連覇を目指す0号車GSR。攻めたタイヤ選択でチャンス掴めるか
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第7戦オートポリス
ドライバー 山本 尚貴
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース