平川亮、週末に向け冷静さ保つ「リズムよく行くことが重要」

シェア
コメント
平川亮、週末に向け冷静さ保つ「リズムよく行くことが重要」
執筆: 吉田知弘
2018/11/10 0:37

2018スーパーGT最終戦。2年連続GT500王者の期待がかかる#1 KeePer TOM'S LC500の平川亮は、今週末の最終戦に向け冷静さを保っていた。

 ツインリンクもてぎで行われる2018スーパーGT最終戦もてぎ。#1 KeePer TOM’S LC500の平川亮は最終戦に向け、ツインリンクもてぎでの相性の良さを生かしたいとコメント。いつになく冷静な様子を保っていた。

 今年もニック・キャシディと平川のコンビで連覇を目指す#1 KeePer TOM’S LC500。第7戦オートポリスで今季初優勝を果たし、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)に対して同点のところまで追いついた。

 金曜日にサーキット入りした平川は「まだ金曜日なので走行もないですし、リラックスはできています」と語るものの、その表情はいつになく固かった。

「昨年はポイント差があったりとか状況も違いましたし、昨年の今頃はチャンピオンを獲っていない状態でした。今年は2連覇がかかっていますし、戦う相手も実質1台(100号車)だと思っています。順位はあまり関係なく、基本的には彼らより前でゴールすれば良いので、昨年とはちょっと違う状況だなとは思っています」

 そう語った平川は、今回の最大のライバルである#100 RAYBRIG NSX-GTよりも前でゴールするためにも、まずはミスなく各セッションをこなして行くことが重要だと語った。

「僕たちのパフォーマンスを出せれば(100号車より)前でゴールできる自信はありますし、チャンピオンを獲得できると思っています。まずはミスなく土曜日の公式練習から良いリズムでやっていくことが重要だと思っています」

 とは言え、ライバルのツインリンクもてぎでのパフォーマンスは気にしている様子の平川。自分たちの相性の良さを活かしていきたいと、改めて気を引き締めていた。

「今年はホンダ勢がパフォーマンスを上げてきて、特に予選が速いです。もてぎは追い抜きが難しいので、そこで前に行かれると厳しくなってしまいます。そこは心配している部分です。あと、昨年速さをみせたニスモがどういったパフォーマンスを出してくるのか気になります」

「本当はオートポリスも悲観的な状態で決勝も期待していませんでしたが、実際に走ってみたら思った以上の結果になりました。今週末もまだ始まっていないので、どういう展開になるかは、なんとも言えません。少なくとも僕たちは過去もてぎで良い結果が出ているので、そこはポジティブに捉えていきたいと思っています」

次の記事
スーパーGT初タイトルへ……ジェンソン・バトン「日曜の結果が楽しみ」

前の記事

スーパーGT初タイトルへ……ジェンソン・バトン「日曜の結果が楽しみ」

次の記事

公式練習はウエットからドライへ。64号車Epson Modulo NSX-GT首位

公式練習はウエットからドライへ。64号車Epson Modulo NSX-GT首位
Load comments

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第8戦もてぎ
ドライバー 平川 亮
執筆者 吉田知弘
記事タイプ 速報ニュース