スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました

GT500チャンピオンのチームルマンが今季限りでGT500参戦終了か?

シェア
コメント
GT500チャンピオンのチームルマンが今季限りでGT500参戦終了か?
執筆:
2019/11/26 7:47

2019シーズンのスーパーGT(GT500クラス)シリーズチャンピオンに輝いたLEXUS TEAM LEMANS WAKO’Sだが、今季限りでチームルマンとしてのGT500参戦を終了させるのではないかという噂がパドックで広がっている。

 2019シーズンが終了し、早くも来季のチーム/ドライバー体制の調整など“ストーブリーグ”が始まっているスーパーGT。その中で、今季GT500クラスで17年ぶりにシリーズチャンピオンを獲得したチームルマンが、来季はGT500クラスに参戦しない方向で調整を進めているということが、motorsport.comの取材で分かった。

 脇阪寿一監督がチームを指揮し、大嶋和也に加え山下健太が加入した今季の#6 WAKO’S 4CR LC500。今季は第3戦鈴鹿で3位表彰台を獲得するとそこから勢いに乗り、第4戦タイではチーム6年ぶりとなる優勝を飾った。続く第5戦富士でも優勝を飾り、ランキング首位を独走した。

 その後も重いウエイトハンデと戦いながら、ランキング首位の座をキープ。最終戦もてぎでは#36 au TOM’S LC500との激闘を制し、チームとしては2002年以来、17年ぶりとなるドライバーズチャンピオンを獲得した。

 歓喜に溢れた最終戦もてぎだったが、その一方で信じがたい噂も飛び込んできた。今季限りでチームルマンがGT500クラスへの参戦を終了する可能性があるというのだ。もちろん監督、ドライバーをはじめチームスタッフもこの件を裏付けるような発言はしていないが、最終戦もてぎなどでそれを匂わせるコメントが聞こえてきていたのは確かだった。参戦を終了する詳しい経緯については掴めていないが、来季のGT500クラスに参戦しない可能性が高まってきているのは確かなようだ。

 ただ、来季GRスープラを導入するトヨタ勢は、これまで通り6台での参戦を継続することに変わりはなさそう。つまりチームルマンに代わって新体制のチームが、来季GT500クラスにエントリーするという噂が広がっている。

Read Also:

次の記事
実質2周で17ポジションアップ! 山本尚貴「終盤は全員抜いてくるつもりだった」

前の記事

実質2周で17ポジションアップ! 山本尚貴「終盤は全員抜いてくるつもりだった」

次の記事

「以前から30歳で区切りをつけることを考えていた」中嶋大祐が引退の理由を語る

「以前から30歳で区切りをつけることを考えていた」中嶋大祐が引退の理由を語る
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘