スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
Canceled
11 7月
Canceled
R
17 7月
Canceled
16 7月
イベントは終了しました
06 8月
イベントは終了しました
22 8月
次のセッションまで……
7 days
11 9月
Canceled
R
第4戦 もてぎ
12 9月
次のセッションまで……
28 days
R
第5戦 富士
03 10月
次のセッションまで……
49 days
R
オートポリス
23 10月
Canceled
R
第6戦 鈴鹿
24 10月
次のセッションまで……
70 days
R
第7戦 もてぎ
07 11月
次のセッションまで……
84 days
R
第8戦 富士
28 11月
次のセッションまで……
105 days

SGT開幕戦ポールを獲得した平川亮「喜ぶ暇もなく決勝が始まるので集中していく」

シェア
コメント
SGT開幕戦ポールを獲得した平川亮「喜ぶ暇もなく決勝が始まるので集中していく」
執筆:
2020/07/19 4:41

2020年のスーパーGT第1戦富士。GT500クラスでポールポジションを獲得した#37 KeePer TOM’S GR Supraの平川亮とニック・キャシディが予選を振り返るとともに、決勝への意気込みを語った。

 富士スピードウェイで開幕した2020スーパーGT。予選でポールポジションを獲得した#37 KeePer TOM’S GR Supraの平川亮とニック・キャシディは、開幕前のテストからホンダNSX-GT勢が先行する展開となっていたものの、その時点で十分に手応えを感じており、昨日の公式練習でも淡々と準備を進めていたと語った。

Read Also:

 今シーズンのGT500は3メーカーが新しいマシンを用意したが、直前の富士公式テストや前日の公式練習ではホンダNSX-GT勢がライバルをリードする展開となった。予選Q1でも#8 ARTA NSX-GT(福住仁嶺)がトップ、#100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)が2番手と上位を独占し、ホンダ勢がポールポジションを獲得するのではないかという雰囲気も高まりつつあった。

 しかし、Q2になって気温と路面温度が上昇したこともあり流れが一変。Q2では37号車の平川が1分26秒550を叩き出し、開幕戦のポールポジションを獲得した。

「テストからクルマの調子が非常に良くて、昨日もセットアップを集中してやりました。今回Q2は暑くなりましたが、そこで選んだタイヤのことを考えるとチャンスだと思ったので、思い切りいった結果(ポールポジションを獲得できた)と思います」

 予選後の公式映像インタビューでこのように答えた平川。本来なら予選と決勝が別の日に行なわれるため、安堵した表情もみせるのだが、今回は予選終了から約4時間後には決勝スタートを控えていることもあり、集中力を切らさないようにしている姿が印象的だった。

「普段なら予選ポールでそのまま喜べるんですけど、今回はその暇もなくすぐに決勝が始まるので集中していきたいと思います」

 また予選Q1を担当したキャシディは、ちょうど路面コンディションが回復し始めるタイミングでQ1で使用するタイヤを選ばなければいけなかったため、判断が難しい部分もあったようだ。その中でも、しっかりと1周をまとめ上げGR Supra勢では最上位となる4番手を記録しQ2に進出。ポールポジション獲得後は素晴らしいアタックを披露した平川を迎えにいくシーンもみられた。

「(平川)亮はすごく良いラップを刻んでくれた。チームのみんなが素晴らしい準備をしてくれたことでテストの段階からクルマは乗りやすくて自信があった。だから今回も良いペースで走れると信じていたし、昨日からレースでのパフォーマンスを意識して走ってきた」

 そう語ったキャシディは、平川と同様に37号車のマシンの仕上がりにはかなり自信がある様子だったが、決勝はコンディションが大きく変わることが予想されるため、その中で誰がどのタイヤを選んでいるかが勝負のカギになると考えているようだ。

「(みんなが)どのタイヤを選んでいるかによるが、コンディションがこれまでとは大きく変わりそうだ。どうなるか分からないけど、優勝を目指していく」

Read Also:

SGT第1戦富士|最後の最後でGR Supraが逆転! 37号車が開幕戦ポールを獲得

前の記事

SGT第1戦富士|最後の最後でGR Supraが逆転! 37号車が開幕戦ポールを獲得

次の記事

2020スーパーGT開幕戦富士|決勝レース結果

2020スーパーGT開幕戦富士|決勝レース結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第1戦 富士
執筆者 吉田知弘