フェネストラズ、SGT最終戦は7歳少女デザインの“カワイイ”ヘルメットで王座目指す

サッシャ・フェネストラズはチャリティー企画の一環として、ファンから公募したデザインの中からスーパーGT最終戦で着用するヘルメットのデザインを決定。7歳の『ななみ』さんが描いた作品が採用されることとなった。

フェネストラズ、SGT最終戦は7歳少女デザインの“カワイイ”ヘルメットで王座目指す

 サッシャ・フェネストラズはチャリティー企画の一環として、ファンから公募したデザインの中からスーパーGT最終戦で着用するヘルメットのデザインを決定。7歳の『ななみ』さんが描いた作品が採用されることとなった。

 スーパーGTのGT500クラス、そしてスーパーフォーミュラと、日本のトップカテゴリーで活躍しているサッシャ・フェネストラズ。彼は『サッシャ ヘルメット デザイン コンペティション』というチャリティー企画の一環として、ファンがデザインしたヘルメットでスーパーGT最終戦を戦うが、この度そのデザインが決定した。

 『サッシャ ヘルメット デザイン コンペティション』は、フェネストラズが発起人となったチャリティー企画。11月28日、29日に富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT最終戦で着用するヘルメットのデザインをファンから公募し、最終戦後にはそのスペシャルヘルメットをオークションに出品、売り上げを慈善団体へと寄付するというものだ。

特別ヘルメットデザイン© ななみ
特別ヘルメットデザイン© ななみ
1/4
特別ヘルメットデザイン© ななみ
特別ヘルメットデザイン© ななみ
2/4
特別ヘルメットデザイン© ななみ
特別ヘルメットデザイン© ななみ
3/4
特別ヘルメットデザイン© ななみ
特別ヘルメットデザイン© ななみ
4/4

 応募総数40点の中からフェネストラズが選んだのは、7歳の『ななみ』さんが描いたデザイン。白をベースに青、緑、オレンジなど実にカラフルなペイントがされており、その独創的かつチャーミングなデザインを本人も大変気に入った様子。選定に際して次のようにコメントした。

「デザインしてくれたのは7歳の方だ。もし僕が7歳で、自分の好きなドライバーのためにデザインできたならと思うと、とてもワクワクするよ」

「シンプルながら独創的なデザインで気に入ったよ。特に気に入っているのは僕の名前の部分。“サシャ”になっているけど、むしろそこがいいよね。とてもかわいいデザインだと思う。富士での最終戦でこのヘルメットを被るのが楽しみだ」

 また、デザインが採用されたななみさんもコメントを寄せ、「選んでくれてありがとうございます。最終戦で私がデザインしたヘルメットで優勝して下さい! 応援しています」とフェネストラズにエールを送った。

 なお、スーパーGT最終戦を前にして、#36 au TOM’S GR Supraをドライブするフェネストラズと関口雄飛は、GT500クラスのドライバーズランキングで首位と6ポイント差の8番手につけている。上位でフィニッシュすればタイトル獲得も十分狙えるだけに、スペシャルヘルメットで戦うフェネストラズがどんな走りを見せるのか注目だ。

 

Read Also:

シェア
コメント
“ウィズ・コロナ”時代の新たな楽しみ方? マイカーでピットスルー、もてぎが新たな試み

前の記事

“ウィズ・コロナ”時代の新たな楽しみ方? マイカーでピットスルー、もてぎが新たな試み

次の記事

【トップインタビュー】坂東正明「メーカーに『SGT抜きには考えられない』と思わせたい」

【トップインタビュー】坂東正明「メーカーに『SGT抜きには考えられない』と思わせたい」
コメントを読み込む