スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
R
17 7月
-
18 7月
Canceled
18 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
4 days
R
08 8月
-
09 8月
次のセッションまで……
25 days
22 8月
-
23 8月
次のセッションまで……
39 days
11 9月
-
13 9月
Canceled
R
12 9月
-
13 9月
次のセッションまで……
60 days
R
富士 III
03 10月
-
04 10月
次のセッションまで……
81 days
R
オートポリス
23 10月
-
25 10月
Canceled
R
24 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
102 days
R
もてぎ II
07 11月
-
08 11月
次のセッションまで……
116 days
R
28 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
137 days

コバライネンが来日できなかった時に備え、SARDが山下健太を第3ドライバー登録

シェア
コメント
コバライネンが来日できなかった時に備え、SARDが山下健太を第3ドライバー登録
執筆:
2020/06/16 2:22

新型コロナウイルスの影響で日本への入国規制が解除されない状況が続く中、スーパーGTでも外国人ドライバーが来日できない可能性を懸念する動きが始まっている。

 TGR TEAM SARDは6月27日~28日に行なわれるスーパーGT公式テストに山下健太を第3ドライバーとして登録することを明らかにした。

Read Also:

 新型コロナウイルス感染拡大により開幕が大幅にずれ込んでいたスーパーGTだが、当面は無観客で7月中旬に開幕することを宣言。今月末の公式テストに向けて関係者らも準備に入っている。

 日本も緊急事態宣言の全面解除がされたものの、外国人の入国規制が厳しく続いている状況。実際に他のスポーツ競技でも、この規制により来日が叶わず日本での試合に参加できない選手が複数名いる。これに対してはスーパーGTも例外ではなく、現在母国フィンランドの自宅にいるコバライネンも入国規制が解除されるの待っている状況が続いている。

 TGR TEAM SARDによると、日本で外国籍プロスポーツ選手が活動を行なうために必要な査証(興行)をコバライネンは所持しているのだが、現時点で彼は滞在先であるフィンランドからの入国制限を受け査証効力停止の対象となっている。今月末の公式テストまでに日本へ入国する目途が立っていないことを鑑み、今回の対応が取られることとなった。

 山下は今年から世界耐久選手権(WEC)への参戦に専念するためドイツに活動拠点を移し、スーパーGTのレギュラー参戦は行なわない予定だったが、新型コロナウイルスの影響により現在は日本に滞在中。これにより今回急きょ第3ドライバーとして声がかかったようだ。

 今後の状況次第で第1戦の参戦ドライバーを決めることになりそうだが、今回の対応はコバライネンが第1戦開幕までに来日できなかった時に備えたものと見られる。

Read Also:

次の記事
自宅に超本格シミュレータを完備。シーズン開幕に向けフェネストラズは準備万端

前の記事

自宅に超本格シミュレータを完備。シーズン開幕に向けフェネストラズは準備万端

次の記事

SGT富士公式テストのエントリーリスト発表、ミースをはじめ海外ドライバー複数人が欠席

SGT富士公式テストのエントリーリスト発表、ミースをはじめ海外ドライバー複数人が欠席
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
執筆者 吉田知弘