阪口晴南がK-tunes Racingに加入! トヨタ/レクサスのGT300参戦体制も明らかに

TOYOTA GAZOO Racingは2019年のスーパーGT(GT300クラス)参戦体制を発表。阪口晴南が#96 K-tunes RC F GT3に加入することが明らかとなった。

阪口晴南がK-tunes Racingに加入! トヨタ/レクサスのGT300参戦体制も明らかに

 TOYOTA GAZOO Racingは2019年のスーパーGT(GT300クラス)の参戦体制を発表。2台のトヨタプリウスと3台のLEXUS RC F GT3が参戦。#96 K-tunes RC F GT3に、昨年までホンダの育成ドライバーのひとりだった阪口晴南が加入することになった。

 K-tunes Racingは1月に開催された東京オートサロンで体制発表を行い、今シーズンのマシンカラーリングと第1ドライバーの新田守男まで発表。第2ドライバーについては諸事情により後日明らかにされることとなっていた。

 今回、TOYOTA GAZOO Racingのプレスリリースでふたり目のドライバーが明らかにされ、昨年まで全日本F3選手権で活躍していた阪口が加入することになった。

 昨年までホンダの育成ドライバーで、全日本F3だけではなくスーパーフォーミュラも経験したが阪口だが、今年はGT3車両でのレースをメインに戦う模様。すでにマクラーレン・カスタマーレーシング・ジャパン(チーム郷)からスーパー耐久ST-Xクラスへの参戦も発表されている。

 また、そのほかのチームも体制が明らかにされ、#60 SYNTIUM LMcorsa RC F GT3は今年も吉本大樹/宮田莉朋のコンビで参戦。しかし、使用タイヤをダンロップに変更している。

 パンサー アット チーム タイランドの#35 arto RC F GT3も参戦を表明しているが、こちらはドライバーがふたりとも未定となっている。

 またトヨタプリウスは、今年もaprが2台体制でエントリー。車両を新しくTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTに変更し、30号車は永井宏明/織戸学、31号車は嵯峨宏紀/中山友貴がドライブする。

#96 K-tunes RCF GT3

#96 K-tunes RCF GT3

Photo by: Tomohiro Yoshita

シェア
コメント
ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」

前の記事

ローゼンクヴィスト、日本のレベルの高さに感銘「ヨーロッパにはない“強さ”がたくさんある」

次の記事

『帝王』本山哲、GT500引退セレモニー「勝ちへのこだわり持ち続ける」

『帝王』本山哲、GT500引退セレモニー「勝ちへのこだわり持ち続ける」
コメントを読み込む