【スーパーGT】18号車UPGARAGE、公式練習は電気系統トラブルにより2度ストップ。原因解明中も公式予選には出走へ

スーパーGT第6戦オートポリスの公式練習で電気系統トラブルに見舞われた18号車UPGARAGE NSX GT3だが、公式予選には出走できる見込みだ。

【スーパーGT】18号車UPGARAGE、公式練習は電気系統トラブルにより2度ストップ。原因解明中も公式予選には出走へ

 オートポリスで行なわれているスーパーGT第6戦。10月23日午前に行なわれた公式練習では、GT300クラスの18号車UPGARAGE NSX GT3が2度に渡ってストップし、赤旗の原因となってしまった。

 18号車は小林崇志がドライブするセッション中盤にストップ。その後名取鉄平のドライブで再度コースインを果たしたものの、GT300専有走行が開始された直後に再度マシンを止めてしまった。

 一瀬俊浩エンジニアによると、2度にわたるストップの原因はオルタネーター、つまり電気系統のトラブルだったという。一度は問題の原因を確認して修復作業を行ない、コースに送り出したものの、また同じ問題が起きてしまった形だ。

 一瀬エンジニアは次のように語る。

「1回目のストップに関しては発電機、オルタネーターのベルトが外れてしまったことが原因でした。そのことが確認できたので、ベルトを付け直して出ていったのですが、同じ症状に悩まされました」

「オルタネーターではプーリーにベルトが走っている訳ですが、そのベルトに対してテンションをかけるオートテンショナーと呼ばれるものがあります。その固定点にクラックが入ったみたいです。そのせいで力が逃げてしまってテンションがかからず、ベルトが逃げてしまったのではないか、という説が濃厚ではあります」

「ただ、それがいつから起きたのかは分かりません。また、ベルトが飛んでいった時にクラックができたという可能性もあるので、それが本当の原因かは調べているところです」

 なお18号車は当該部品を新品に交換したため、トラブル原因解明中ではあるものの13時55分開始予定の予選には出走できる見込みだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT第7戦もてぎ決勝日に「F-2B 戦闘機」の歓迎フライトを実施。観戦チケットの販売もスタート
前の記事

スーパーGT第7戦もてぎ決勝日に「F-2B 戦闘機」の歓迎フライトを実施。観戦チケットの販売もスタート

次の記事

【スーパーGT】第6戦オートポリス公式練習|GT500は23号車GT-R、GT300は52号車埼玉トヨペットがトップタイム

【スーパーGT】第6戦オートポリス公式練習|GT500は23号車GT-R、GT300は52号車埼玉トヨペットがトップタイム
コメントを読み込む