牧野任祐がついにスーパーGTカムバック!「体調は良い。チームや尚貴さんのためにも全力尽くす」

スーパーGT第2戦富士で病気療養からの復帰を果たした牧野任祐は、今年初めよりもかなり体調が良くなっていると語り、チーム、そしてチームメイトのために全力で戦いたいと意気込んだ。

牧野任祐がついにスーパーGTカムバック!「体調は良い。チームや尚貴さんのためにも全力尽くす」

 2021年スーパーGT第2戦が行なわれる富士スピードウェイのパドックには、病気療養から復帰した牧野任祐の姿があった。昨年12月に髄膜炎を発症し、回復に向けてトレーニングを積んでいた影響で今季開幕戦を欠場した牧野だったが、今回の富士戦では1号車STANLEY NSX-GTの第3ドライバーとしてエントリーリストに名を連ねている。

Read Also:

 決勝レースでも通常通りステアリングを握る予定だという牧野は、予選日午前に行なわれた練習走行でも後半の走行を担当し、3番手タイムを記録。また、予選ではQ2を担当することとなっている。彼はmotorsport.comに対し、以前よりもかなり体調が良くなっていることを明かしてくれた。

「体調はこれまでよりもかなり良いです」

「今年の最初の方は本当に大変でした。でも今はかなり体調も良くなりました。(先月のプライベートテストで)鈴鹿を走った時はかなりキツかったですが、今回(富士)は鈴鹿と比べてGフォースの面で楽なので問題ないと思います」

「自分のマシンをドライブせずに、サーキットにも行かずにテレビでレースを見るのは不思議な感覚でした。スープラ勢が特に予選で速いみたいですし、レースペースや直線スピードも良いみたいなので、昨年とそれほど状況は変わっていないと思います。とはいえ今回は僕たちも戦えると思います」

「(1号車NSXは)全体的なバランスも良いと思いますし、ポテンシャルのあるマシンだと思います。今シーズンの残りのレースが楽しみです。岡山戦を欠場したのは残念ですが、今はこのシーズンに100%集中しています」

「チームのためにも、(山本)尚貴さんのためにも、ベストを尽くすことが大事だと思っています。それが自分のためにもなると思うので、これまでと(心境の)大きな変化はありません」

 なお、スーパーGT富士戦の約2週間後にはスーパーフォーミュラ第3戦オートポリスも控えている。開幕2戦は牧野の代役として笹原右京がDOCOMO TEAM DANDELION RACINGの6号車をドライブしたが、牧野はオートポリス戦の出場可否について「出場したいがまだ分からない。このレースの後に判断することになるかもしれないが、問題ないはず」と慎重ながらも前向きなコメントを残している。

 

Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】第2戦富士|公式練習タイム結果

前の記事

【スーパーGT】第2戦富士|公式練習タイム結果

次の記事

【スーパーGT】第2戦富士|公式予選タイム結果

【スーパーGT】第2戦富士|公式予選タイム結果
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT
イベント 第2戦:富士
ドライバー 牧野 任祐
執筆者 戎井健一郎