日産/ニスモが2021年GT500の体制を発表。松下信治がインパルに加入

日産/ニスモが2021年のスーパーGTのGT500クラスに参戦するチームおよびドライバーを発表。当初の噂通り松下信治が陣営入りすることが明らかとなった。

日産/ニスモが2021年GT500の体制を発表。松下信治がインパルに加入

 日産自動車株式会社(日産)およびニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(ニスモ)は1月18日、スーパーGTのGT500クラスに参戦するチームとドライバーのラインアップを発表した。

 日産は昨年と変わらず、NISMO(23号車)、NDDP RACING with B-MAX(3号車)、TEAM IMPUL(12号車)、KONDO RACING(24号車)の4台をGT500クラスに送り込む。12号車にはかねてより噂されていた松下信治が加入。かつてはホンダ系ドライバーとしてヨーロッパのフォーミュラカー選手権を戦ってきた松下だが、2021年シーズンは日産陣営から自身初となるGT500フル参戦が決定した。チームメイトとなるのは、昨年12号車のドライバーとしてGT500にステップアップした平峰一貴だ。

 昨年平峰と同級生コンビを組んでいた佐々木大樹は24号車に移籍。ヤン・マーデンボローがチームを離れる形となり、高星明誠は残留となった。

 一方、23号車は松田次生とロニー・クインタレッリ、3号車は平手晃平と千代勝正のコンビを継続。23号車の松田/クインタレッリのコンビは8年目を迎える。

 ニスモの社長兼最高経営責任者である片桐隆夫は次のようにコメントした。

「いよいよスーパーGTの2021年シーズンに向けたテストが始まります。今年はTEAM IMPULに、新たに松下選手を迎えました。星野監督の下、平峰選手と共に勢いのある走りによって日産勢をさらに躍進させ、日本のモータースポーツ界に旋風を巻き起こしてくれるものと期待しています」

「私たちは現在NISSAN GT-R NISMO GT500の競争力をさらに高める準備と開発を進めています。そして、今シーズンもファンの皆さまにGT-Rならではのワクワクするレースをお見せすべく、監督、ドライバー、チーム員、そして開発陣をはじめとするニスモの全社員が全力を尽くします。今シーズンも変わらぬ応援をお願いいたします」

 なお、日産/ニスモの2021年シーズンのモータースポーツ活動計画は後日発表されるとのことだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

前の記事

【トップインタビュー】高橋国光が海を渡り受けた“衝撃”「日本は全てにおいて遅れていた」

次の記事

チームクニミツが2021年の体制を発表。配色一新、車両名は『STANLEY NSX-GT』

チームクニミツが2021年の体制を発表。配色一新、車両名は『STANLEY NSX-GT』
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーGT