スーパーGT最終戦富士のエントリーリスト発表。両クラス共タイトルの行方に注目

スーパーGT第8戦富士のエントリーリストが発表され、GT500クラスに15台、GT300クラスに29台が名を連ねた。

スーパーGT最終戦富士のエントリーリスト発表。両クラス共タイトルの行方に注目

 スーパーGTは、11月27日、28日に開催するシリーズ第8戦(最終戦)のエントリーリストを発表した。

 GT500クラスに関しては、前戦から車両・ドライバーの変更はなし。現在ドライバーランキングは1号車STANLEY NSX-GTの山本尚貴が60点でトップ、相方の牧野任祐が57点で2番手となっているが、今回も1号車は山本、牧野組でエントリーされているため、山本が不測の事態により急遽欠場するようなことがない限り、タイトル獲得の権利は山本にのみ残される形となる。

 したがって実質的なランキング2番手は、同3番手の野尻智紀、福住仁嶺(8号車ARTA NSX-GT/55点)。第6戦オートポリス、第7戦もてぎを連勝している8号車のふたりは、最終戦で3連勝を飾れば自力で大逆転でのタイトル獲得を収めることができる。

 また、塚越広大、ベルトラン・バゲット組(17号車Astemo NSX-GT/52点)、関口雄飛、坪井翔組(36号車au TOM'S GR Supra/44点)、平峰一貴、松下信治組(12号車カルソニック IMPUL GT-R/43点)、大嶋和也、山下健太組(14号車ENEOS X PRIME GR Supra/40点)にも逆転の可能性が残されており、ホンダ、トヨタ、日産の3メーカー全てにタイトルのチャンスがある。

 一方GT300クラスのエントリーリストに目を向けると、9号車PACIFIC NAC CARGUY Ferrariはケイ・コッツォリーノのパートナーが横溝直輝から木村武史に、360号車RUNUP RIVAUX GT-Rは青木孝行のパートナーが大滝拓也から田中篤に変わっている。いずれもシリーズエントリーのドライバーに戻った形だ。

 そしてGT300のタイトル争いも、GT500同様に最終戦までもつれている。ポイントリーダーの井口卓人&山内英輝(61号車SUBARU BRZ R&D SPORT/55点)を筆頭に、藤波清斗&ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(56号車リアライズ日産自動車大学校 GT-R/49点)、高木真一&佐藤蓮(55号車ARTA NSX GT3/45点)、三宅淳詞&堤優威(244号車たかのこの湯 GR Supra GT/40点)、平中克幸&安田裕信(11号車GAINER TANAX GT-R/35点)までタイトルの権利が残されている。こちらも目が離せない。

■2021年スーパーGT第8戦富士 GT500エントリーリスト

車両名/ドライバー/エントラント/タイヤ

#1 STANLEY NSX-GT/山本尚貴、牧野任祐/TEAM KUNIMITSU/ブリヂストン
#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R/平手晃平、千代勝正/NDDP RACING with B-MAX/ミシュラン
#8 ARTA NSX-GT/野尻智紀、福住仁嶺/ARTA/ブリヂストン
#12 カルソニック IMPUL GT-R/平峰一貴、松下信治/TEAM IMPUL/ブリヂストン
#14 ENEOS X PRIME GR Supra/大嶋和也、山下健太/TGR TEAM ENEOS ROOKIE/ブリヂストン
#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT/笹原右京、大湯都史樹/TEAM Red Bull MUGEN/ダンロップ
#17 Astemo NSX-GT/塚越広大、ベルトラン・バゲット/Astemo REAL RACING/ブリヂストン
#19 WedsSport ADVAN GR Supra/国本雄資、宮田莉朋/TGR TEAM WedsSport BANDOH/ヨコハマ
#23 MOTUL AUTECH GT-R/松田次生、ロニー・クインタレッリ/NISMO/ミシュラン
#24 リアライズコーポレーション ADVAN GT-R/高星明誠、佐々木大樹/KONDO RACING/ヨコハマ
#36 au TOM'S GR Supra/関口雄飛、坪井翔/TGR TEAM au TOM'S/ブリヂストン
#37 KeePer TOM'S GR Supra/平川亮、サッシャ・フェネストラズ/TGR TEAM KeePer TOM'S/ブリヂストン
#38 ZENT CERUMO GR Supra/立川祐路、石浦宏明/TGR TEAM ZENT CERUMO/ブリヂストン
#39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra/ヘイキ・コバライネン、中山雄一/TGR TEAM SARD/ブリヂストン
#64 Modulo NSX-GT/伊沢拓也、大津弘樹/Modulo Nakajima Racing/ダンロップ

■GT300エントリーリスト

#2 muta Racing Lotus MC/加藤寛規、阪口良平/muta Racing INGING/ブリヂストン
#4 グッドスマイル 初音ミク AMG/谷口信輝、片岡龍也/GOODSMILE RACING & TeamUKYO/ヨコハマ
#5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号/平木湧也、平木玲次/TEAM MACH/ヨコハマ
#6 Team LeMans Audi R8 LMS/本山哲、片山義章/Team LeMans w/ MOTOYAMA Racing/ヨコハマ
#7 Studie PLUS BMW/荒聖治、山口智英/BMW Team Studie × CSL/ヨコハマ
#9 PACIFIC NAC CARGUY Ferrari/木村武史、ケイ・コッツォリーノ/PACIFIC CARGUY Racing/ヨコハマ
#10 GAINER TANAX with IMPUL GT-R/星野一樹、石川京侍/GAINER/ダンロップ
#11 GAINER TANAX GT-R/平中克幸、安田裕信/GAINER/ダンロップ
#18 UPGARAGE NSX GT3/小林崇志、名取鉄平/TEAM UPGARAGE/ヨコハマ
#21 Hitotsuyama Audi R8 LMS/川端伸太朗、篠原拓朗/Audi Team Hitotsuyama/ヨコハマ
#22 アールキューズ AMG GT3/和田久、城内政樹/R'Qs MOTOR SPORTS/ヨコハマ
#25 HOPPY Porsche/松井孝允、佐藤公哉/HOPPY team TSUCHIYA/ヨコハマ
#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/永井宏明、織戸学/apr/ヨコハマ
#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT/嵯峨宏紀、中山友貴/apr/ブリヂストン
#34 Yogibo NSX GT3/道上龍、密山祥吾/Yogibo Drago CORSE/ヨコハマ
#35 arto RC F GT3/ショーン・ウォーキンショー、ジュリアーノ・アレジ/arto team Thailand/ヨコハマ
#48 植毛ケーズフロンティア GT-R/田中優暉、飯田太陽/NILZZ Racing/ヨコハマ
#50 Arnage AMG GT3/加納政樹、柳田真孝/Arnage Racing/ヨコハマ
#52 埼玉トヨペットGB GR Supra GT/吉田広樹、川合孝汰/埼玉トヨペット Green Brave/ブリヂストン
#55 ARTA NSX GT3/高木真一、佐藤蓮/ARTA/ブリヂストン
#56 リアライズ日産自動車大学校 GT-R/藤波清斗、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/KONDO RACING/ヨコハマ
#60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT/吉本大樹、河野駿佑/LM corsa/ダンロップ
#61 SUBARU BRZ R&D SPORT/井口卓人、山内英輝/R&D SPORT/ダンロップ
#65 LEON PYRAMID AMG/蒲生尚弥、菅波冬悟/K2 R&D LEON RACING/ブリヂストン
#87 グランシード ランボルギーニ GT3/松浦孝亮、坂口夏月/JLOC/ヨコハマ
#88 JLOC ランボルギーニ GT3/小暮卓史、元嶋佑弥/JLOC/ヨコハマ
#96 K-tunes RC F GT3/新田守男、阪口晴南/K-tunes Racing/ダンロップ
#244 たかのこの湯 GR Supra GT/三宅淳詞、堤優威/Max Racing/ヨコハマ
#360 RUNUP RIVAUX GT-R/青木孝行、田中篤/TOMEI SPORTS/ヨコハマ

 
Read Also:

シェア
コメント
【スーパーGT】muta Racing INGING、来季ロータスから車両変更の可能性認める。開発の自由度高いGT300規格に関心
前の記事

【スーパーGT】muta Racing INGING、来季ロータスから車両変更の可能性認める。開発の自由度高いGT300規格に関心

次の記事

【スーパーGT】日産/ニスモがGT500参戦車両の変更を発表、GT-Rは富士がラストランに。来季からの新車両は後日発表

【スーパーGT】日産/ニスモがGT500参戦車両の変更を発表、GT-Rは富士がラストランに。来季からの新車両は後日発表
コメントを読み込む