エアレース・パイロット室屋義秀、今年もスーパーGT第8戦富士でフライトパフォーマンスを披露!

富士スピードウェイで行なわれるスーパーGT第8戦富士では、室屋義秀によるフライトが実施される。

エアレース・パイロット室屋義秀、今年もスーパーGT第8戦富士でフライトパフォーマンスを披露!

 富士スピードウェイでシリーズ最終戦として行なわれる、スーパーGT第8戦。その予選日(11月27日)と決勝日(11月28日)には、エアレース・パイロットの室屋義秀がフライトパフォーマンスを実施することとなった。

 室屋はレッドブル・エアレースで年間王者に輝くなど、世界を代表するパイロットとして知られており、2022年から開幕する「エアレース世界選手権」にも参戦予定。そんな室屋が恒例となっている富士戦でのフライトを今年も実施することとなった。

 フライトの開始予定時刻は、27日が12時30分、28日が10時55分となっている。飛行機体はエクストラ330SCだ。また28日のフライトに関しては、GT500クラスに参戦する自動車メーカーの車両もコース上を走行する予定で、その模様はスーパーGTの公式YouTubeチャンネルにてライブ配信される。

 室屋はこのフライトに際し次のようにコメント。来たるエアレース世界選手権に向けて弾みをつけたいと語った。

「今年もスーパーGTでフライトできることをとても楽しみにしています。来年から始まるエアレース世界選手権に向けて弾みになるパフォーマンスにしたいと思います」

「また、今回のフライトはモータースポーツを愛する全ての人たちにお届けしたいと思っています」

「来年、そして未来のモータースポーツに繋がるよう、みんなの心が結集できるようなフライトパフォーマンスにしたいと思いますので、ぜひ空を見上げてください」

 
Read Also:
シェア
コメント
【スーパーGT】日産/ニスモがGT500参戦車両の変更を発表、GT-Rは富士がラストランに。来季からの新車両は後日発表
前の記事

【スーパーGT】日産/ニスモがGT500参戦車両の変更を発表、GT-Rは富士がラストランに。来季からの新車両は後日発表

次の記事

【スーパーGT】わずかに逆転王座の可能性残す14号車ENEOSの山下「タイトルは厳しいけど……スープラ得意の富士で勝ちたい」

【スーパーGT】わずかに逆転王座の可能性残す14号車ENEOSの山下「タイトルは厳しいけど……スープラ得意の富士で勝ちたい」
コメントを読み込む